Internazionali BNL d'Italia 2012

ロジャー・フェデラーにハートを射抜かれた :ハート: 、Rogiオタsのみなさ〜ん、日本語でRogiについて語り合いませんか?
フォーラムルール
この「We love Roger!フォーラム」はRogerをこよなく愛するRogiオタ達が集いワイワイがやがやきゃーきゃー・・と騒がしく楽しく意見交換する場です。
よってフェデラーファンではない方が見るとかなりイタい発言等があるかもしれませんが、そういう場なのだと大目に見てやってください。
しかし、Rogiオタさんたちへ、誰でもがこのフォーラムに入り皆の投稿を見ることが出来ます。ですからある程度そのことを頭の隅においてRogerのファンとして良心と良識のある場となるよう皆で協力してまいりましょう!!

Internazionali BNL d'Italia 2012

未読記事by fuyu » 2012年5月17日(木) 21:08

Offiial Site : http://www.internazionalibnlditalia.com/
Draw :http://www.atpworldtour.com/posting/2012/416/mds.pdf

あは、もう始まってます。焦ってトピ立て :lol:  
火曜に会場入り。白の上下でpractice 大会も大喜びっぽい :wink:  しかし、この時点ではまだ出場を決心していなかったんですよね。



で、水曜の初戦、vsベルロック勝ちました :拍手: :拍手:  6-3, 6-4 W24 UE22
画像 :hugpc:
画像
画像

プレカン
 ←忘れていたので追加しました。
スクリプト 今大会はちゃんとあります :yeah:
http://www.internazionalibnlditalia.com ... esday.aspx
水曜朝のpractice後に出場の最終決定をした :shock: :shock:
ランキング2位になったことよりも、Madridで優勝した、という事実の方が嬉しい様子。RGで第3シードになっても大差ない、と。
大局的な視点からは、あまり変わりがないんでしょうね、2位でも3位でも。


・・・ウ~ン、この先のタイトなスケジュールを考えると心配。頑張り過ぎないで、怪我しないで欲しい :pray:
優勝なんて大それた願いは持ちません(もちろん、したら嬉しいけど・・・ 8)
じゃ、どのあたりで大会から去るのがBESTかと考えると、答えが出ない。。複雑。 去年は3Rガスケ戦迄でしたよね。
出たからには真っ正直にやるでしょうが、ここは赤土に慣れることを主眼として・・・・・・ムニャムニャ・・・・ :thiking:
3Rはジャン・カルロ・フェレーロ。日本時間午前4時以降開始です。 やっぱり、勝って!!! :D :oops:



最後にちょっとベルロックくんを紹介。彼はRogiと対戦できたのをすごく喜んでいます。
以下、彼のTwitter&公式サイト(スペイン語)の要約 しかし、入場時に自分もRogiに拍手をおくりたかったって・・・ :lol:
それじゃ勝てませんよね。でも勝てるかもしれないと信じてコートに立ったようです(当たり前かww)。学ぶところが多かったと言ってます。
試合中に「早く負けちゃいなさい、Rogiが疲れると困るわ :evil: 」なんて思っててゴメン。今後もう少し彼に注意を払おうと思います :wink:
"A dream came true. I will never forget facing Roger in Rome. I felt really good and I enjoyed every point. Roger plays another sport."

"When Roger entered, the stadium exploded, it was an incredible sensation, I couldn't believe being there, it made me want to applaud him too and I think that there was when I realized what meant this match I was about to play."
"Today I learned many things inside the court that Roger taught me, many ways to win a point, Roger does everything easier that the others, but was surprised me the most is how he sets up a match to make you feel uncomfortable and I think I've learned some things that I was not taking in consideration before."

http://translate.google.com/translate?s ... umplido%2F
There Is NO Finish Line. Far From Done.画像
アバター
fuyu
Masters of Rogiオタ
Masters of Rogiオタ
 
記事: 1108
登録日時: 2007年5月14日(月) 03:25
お住まい: 関西

Re: Internazionali BNL d'Italia 2012

未読記事by linden_lee » 2012年5月18日(金) 22:38

fuyu様

 いつもながらワクワクするトピ立てありがとうございます。
お写真もPCいっぱいに美しいロジがあふれて、息苦しい幸福感に包まれます。

フェレーロ戦、朝方のライスト観戦ではらはらどきどきしました。
まだ、調子を上げきっていないとはわかっていても、私は小心者なので…

今回はロジも自分の体の様子を見ながらの戦いのようですが、
それにしても、ロジと対戦するとなったら相手は全力をかけて戦いに来るので…
そう考えると、やっぱりGSはすごい!
殆どスリーセットで取ること多いですよね。
2週間の戦い方を考える、ってこういうことなのかな。
体力を持たせて決勝の舞台にベストの力で望めるよう集中して極力短時間で終わらせてしまうのがさすがトップ選手!
年齢のことはロジのいうとおり関係ないとは思うのですが、
客観的に見て、ロジはまさに驚異です。


話は変わりますが、ちょっといい記事が新聞にあったので抜粋。
ロジの記事じゃないです。ごめんなさい。
私の住む徳島の文学書道館の職員の方のコラムです。



かつて ニューデリーの国立舞踊学校に留学しダンスを学んでいたときのこと。
先生に、手や目、眉の動きに至るまで「グレースフル(優美に動いて)」
と何度も促され、体の動きによって醸し出される「グレース(優美さ)」を、
ひたすら追求したものだ。
先日、大江健三郎の著作の中にも「グレース」という言葉を見つけた。
『英語で恩寵のことをグレース(Grace)と言います。私は人間の持っている
一番良いものを、グレースという言葉は指していると思います。
(中略)
私は何かに対して感謝したい、祈りたいと思っています。
この感謝の祈りもグレースと言います。』
優美さだけでなく、目には見えない尊いものが、この言葉の中には
幾重にも込められていることを知った。
 人が一心に何かを為すとき、何かを創ろうとするとき、
そこに「グレース」が生まれるのではなかろうか。
 私たちの中に息づいている良きものが抽出され、結晶化するようにも思える。
それは芸術に限らないだろう。
日々身近なことにどれほどの真を込められるのか。愛を込められるのか。



以上、ちょっと長いのですが引用しました。

 以前、ツィッターだったかと思うのですが、
どなたかがロジャーのプレースタイルをGraceだと書いてある外国記事を
紹介してくださっていたのを、このコラムを読んで思い出しました。
(ちょっと、記憶が曖昧なので違っていたらすみません)

 ロジャーの優美な動きが、なぜあれほどまでに私たちの心を打つのか。
この記事にあるように、ただの体の動きではなく、心映えの美しさなのですね。

『テニスに対する愛』、口に出すのが恥ずかしいような言葉を何のてらいもなく、
いとも簡単に言ってのけるロジャー。
 勝利への渇望はあるが、何もかもかなぐり捨ててがつがつするのではない。
よく本人が口にする、自分のプレーができれば…というのは、本当にロジャーにしかできない
グレースフルなプレーなのですよね。

 ロジャーの目指すもの、体現しようとするものは
 Grace、この言葉に近いと思います。


 う~ん……。ちょっと、イタいカキコにどんどんなってきてますので、もうこの辺で逃げます。
このフォーラムの皆様ならわかっていただけると信じています!  サイナラ~


土曜の明け方観戦、ロジャーの美しいプレーが見られますように。  
linden_lee
Federer fan
Federer fan
 
記事: 16
登録日時: 2011年7月13日(水) 23:08
お住まい: 徳島

Re: Internazionali BNL d'Italia 2012

未読記事by emu » 2012年5月19日(土) 00:26

fuyuさま
いつもながら トピたて、もろもろありがとうございます!

たとえば、あの写真、ラケット振り切ったときのあの…、これぞ、ロジャー :ハート:
浮かんでくるのはグレイスフルって言葉です、linden_leeさん。
舞ってる髪の毛、完璧な右手と右腕、答えを求めるような左手。


ベルロック戦、
少しなんだか試しているような、確かめているような戦いぶり。
勝てるとわかっている試合のUEの多さ、と思いました。
ロジャー劇場が見られて幸せ :拍手:

フェレーロ戦
相手もエラー少なく戦ってちょっぴりドキドキさせてくれて
観に来てくれたお客様を満足させてくれるような試合でした :感謝感激:

もうすぐセッピ戦 :pray:

ちょっぴり睡眠をとって応援します。
んー、今日は時間通り始まってくれるかしら。
emu
Federer fan
Federer fan
 
記事: 15
登録日時: 2011年7月24日(日) 09:57

Re: Internazionali BNL d'Italia 2012

未読記事by fuyu » 2012年5月19日(土) 11:12

QF セッピ戦 6-1、6-2 w25 UE17 54分 :拍手: :拍手: :拍手:  
gracefulでbrilliant  「ワオ!!! :shock: 」「キャー :ハート: 」な素敵なシーンがたくさん :D
1st set は19分、2nd set は第2ゲームでダブルのBPを握られましたがしのぎ切り、後はFedexpressは順調に走り抜けました。
セッピはフラット系なボールを打つのでやりやすかったのかもしれません。

画像
画像
画像

on court interview TennisTV http://www.tennistv.com/video で見れます。
明日も夜の試合ですが、Rogiはそのほうが良いと思ってるみたい???
会見はしましたが↓↓↓↓↓ 夜遅かった昨日のフェレーロ戦に続きスクリプトは出ていません。(これから出るかな・・・)
画像


う~~ん、正直言ってここまで来るとは思ってなかった。そしてジョコと対戦するとも思っていなかった。 
ローマはあくまで赤土調整、と考えていましたが、ここまで来たからには負けるのは嫌!勝って!それもサックリと :pray:  決勝は日曜4時からですから。
・・・いや、絶対勝つ :yeah:  きょうのセッピ戦をもう一度見直して勝利のイメージトレーニングをいたします。mintさん、いつもYoutubeありがとうございます :感謝感激:
と、以上チョー簡単に :wink:
SF2はNot Before 8:00 PM 日本時間午前3時から。夜更かしと言うには遅すぎ、早起きというには早すぎる厳しい時間帯ですが、応援致しましょう :lovesign:
There Is NO Finish Line. Far From Done.画像
アバター
fuyu
Masters of Rogiオタ
Masters of Rogiオタ
 
記事: 1108
登録日時: 2007年5月14日(月) 03:25
お住まい: 関西

Re: Internazionali BNL d'Italia 2012

未読記事by 北海のかめ » 2012年5月19日(土) 13:28

linde_leeさん

 ロジャーの目指すもの、体現しようとするものは
 Grace、この言葉に近いと思います。

まったくそのとおりですね!よくぞ引用してくれました。ロジャーも以前どこかで、プレイの中で美しさを追求していると言っていたと思います。ずいぶん前なのでどこでだったかも思い出せないけど。
ハアーとため息をつくほど美しいかとおもえば息を呑むほど速くてパワフル、そしてインテリジェント。指の先から髪の1本1本までgraceful...
私もイタイ書き込みになってきたのでこのへんで。。。

fuyuさん、

いつもながら完璧な情報提供本当に有難うございます。甘えて読むばっかりですみません。

今日は怪我しないよう、でもベストのプレをしてくれれば私は満足です。RGの前にジョコと一度対戦しておくのはとても良いことだと思うので。しかしさくっと勝ってほしい気持ちも。
がんばれロジャー! :lovesign:
かめ
北海のかめ
Federer fan
Federer fan
 
記事: 66
登録日時: 2007年5月14日(月) 21:02
お住まい: オランダ

Re: Internazionali BNL d'Italia 2012

未読記事by fuyu » 2012年5月20日(日) 15:49

・・・負けちゃいました。ま、しょうがないですね。大会の出口が「ここ」というのは複雑ですが、ホッとしたようでもあり・・・ともかく休養していただきたい :ハグ:

画像
画像「お疲れさまでした」 :wevey:


会見
画像
まず、シュタウファーさんともう一人のスイス人記者のTwitterをまとめると。
11日間で9試合、疲れてました。。。2~3日のオフの日ができて嬉しい。ハッピートーナメントは終わった。ジョコビッチは今夜僕よりも強かった。
今のところクレーシーズンは上手くいっている。がっかりしてないよ。
マドリッドとローマの連続優勝はできないだろうというのは分かっていた。ローマはジョコビッチとナダルの決勝になるだろうと思っていた。
ローマに来た時、身体に大きな問題があった。←←←どういうのもかは明言を避けました。
https://twitter.com/#!/staffsky/status/203955543252017152 https://twitter.com/#!/staffsky/status/203957241387302912
https://twitter.com/#!/svenja_sportch/status/203944039165337600 https://twitter.com/#!/svenja_sportch/status/203958686400524288



スイス誌に比較的長めインタビュー。 Google英訳です。
http://translate.google.com/translate?s ... 00000.html
ジョコビッチのプレーについて
ジョコビッチはナンバー1にふさわしいということを示した。
最初のほうで自分のリズムを上手く見つけられなかった。2nd set には少しチャンスがあったが、結果として今日の試合に勝つには自分は充分ではなかった。
ジョコビッチは最初から非常に攻撃的で、ボールをライン際に良く返してきた。変化をつけようとしたが充分ではなかった。彼は今夜は僕より良かった。

ナイトセッションが多くて家族と過ごす時間が少なかった件 (えっと、全体にこのQ&Aがよくわかりません :ぽりぽり:
幼い娘達と過ごすという今の時間は人生の人生最良の日々だと思う。子供たちをベッドに連れて行って眠らせるのも好きなんだけど、ナイトセッションだと無理だよね。
・・・云々。以下略

昨年に比べて今年のクレーシーズンは?
皆は直近の結果だけを注目するけど、長い休暇後に先週そして今週と、こんなに上手くプレーできてるのはとても嬉しい。
全仏までにトップフォームになるようベストを尽くすつもり。

身体の調子。
最後の方はちょっと疲れちゃったんだと思う。パリを楽しみにしている。でも今は2~3日の休養をとれるし、この大会が終わってちょっとハッピーだとさえ感じている。
ローマに到着した時、身体に大きな問題を抱えていたが、だんだん良くなってきてすごくホッとしている。
2箇所ばかり気になる(身体の)部分があるので、休みが取れて嬉しい。

フェデラーはどのような怪我なのか尋ねられても明らかにしなかった。ともかく状況は良くなってきているということだ。


以上。
Rogiは英語、ドイツ語、フランス語でメディアに対応し、全員の質問にちゃんと答えたのかを確認してから去っていったようです。
https://twitter.com/#!/TennisNewsViews/ ... 9521953792

・・・偉いですね~~。コートの外でもgraceful  :yeah:
家族と過ごすつかの間の休暇を楽しみ、故障箇所・・・どんな具合なのか心配です :心配: ・・・が癒え、元気にパリに姿を見せるのを待ちましょう。
本当にごくろうさまでした。十分満足しています。ありがとう、Rogi !!!!! :感謝感激: :脱帽: :ハグ2:


追記:インタビュー、同じような内容だけど、英語記事 http://www.sport24.co.za/Tennis/Night-owl-Federer-seeks-sleep-20120520
There Is NO Finish Line. Far From Done.画像
アバター
fuyu
Masters of Rogiオタ
Masters of Rogiオタ
 
記事: 1108
登録日時: 2007年5月14日(月) 03:25
お住まい: 関西

Re: Internazionali BNL d'Italia 2012

未読記事by linden_lee » 2012年5月20日(日) 22:22

Rogi 本当にお疲れ様でした。

 マドリッドから続けてタイトなスケジュールだったので、
そりゃ~疲れも溜まるでしょう。

 fuyu様の記事、読めて私自身すごくホッとしています。
ちっとも、混乱していない。
自分の今の状況がきちんと理解できていて
今、フィジカル面でもメンタル面でも何が必要なのかわかっている。
『この大会が終わってハッピーだとさえ感じている』
というのは本音でしょうね。なかなか言えませんよね。
Rogiの実績と立ち位置でないと 言えない。それと、彼の人柄。
他選手だとただの負け惜しみになっちゃいますもんね。

 家族のことをよく話すのも私は好き。
すごくまあるいと思う。コート外でも心が安定してるんだなと嬉しくなる。
 『子どもたちをベッドに連れて行って眠らせるのも好き』
……いや~まいっちゃいます。すごく日常。
これがトップ選手?とびっくりしてしまう。でも、これがRogi。
 確かに、自分もうとうとしながら幼い子を眠らせる…というのは
小さい至福の時です。それがちゃんと幸せだとわかっているRogiって。


 体に問題を抱えていたのなら、これ以上無理しなくて本当に良かった。
下位選手となら練習なみにできたセッション(ごめんなさい)も、
ジョコ相手では戦えませんでした。
 明らかに、トップギアのロジャーではなかったですよね。

 それでも、セカンドセットの終盤、Rogiの『試合に出た限りは勝ちに行く』
本能が働いてしまったのか、見ている方がどきどきするような煌めきをみせてくれました。

…ああ、美しいなあ…

 これが、ベストの体調であれば、また先にRGやWBのことがなければ
きっと違った結果になったでしょう。
 戦いって本当に切ない…いや、負けたことが切ないんじゃなくて、
一瞬一瞬が、Rogiが美しいのが切ない。胸が苦しくなる。


 昨日の試合、夕暮れから夜の帳が降りるまで
トワイライトと照明に照らされたロジャーの壮絶なまでに美しかったこと。
体に問題を抱えている、とまでは私たちはわからなくても
明らかに疲れがある中で、ジョコ相手に戦っているというシチュエーションが
なおさら悲壮感(あえてそう言ってしまいますが)を盛り上げていました。


 その昔、ここローマのコロッセウムにおいて皇帝や民衆注視の中、
スパルタクスら剣奴たちが、命を賭けて戦ったこととふとダブりました。

 …負けることはすなわち死…
 
 もちろん、時代も状況も比べるべきものではありませんが、
テニスが大衆にとってエンターティメントなら、
そこ(コート)で繰り広げられているのをポップコーンを食べながら
また、どちらが勝つか戦績分析を楽しみながら見て、
試合が終わると、あ~楽しかったと、それぞれの日常に戻っていく…

 しかし、選手にとっては、ランキングだの賞金だの名誉だの
まさに命を賭ける場でもあるのでしょう。
 ただ、死は(もちろん)ない。
あるのは、明日からの自分の位置。
そのことを頭の片隅においての戦いになる。
まさに死闘になることもあるだろうし、全て忘れてしまって
そのゲームを取りに行くことに埋没してしまうこともあると思う。

…せつないですね。
その、切なさが、悲壮感が見るものにとって堪らないエクスタシーを感じさせる。
ぞくぞくする。

 ローマとナイトセッションが、
私を少しだけタイムスリップさせてくれた一夜でした。



 そう、もうそんなことは忘れて…

どうぞRogi、
美しい5月のパリへ
あなたを愛する人々がたくさんいるRGのコートへ
お日様の笑顔を連れて戻ってきてください。

早く言いたい! BONJOUR ROGER!!
linden_lee
Federer fan
Federer fan
 
記事: 16
登録日時: 2011年7月13日(水) 23:08
お住まい: 徳島


Return to We love Roger!フォーラム

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: Bing [Bot] & ゲスト[0人]

cron