2012 BNP Paribas Open Indian Wells

ロジャー・フェデラーにハートを射抜かれた :ハート: 、Rogiオタsのみなさ〜ん、日本語でRogiについて語り合いませんか?
フォーラムルール
この「We love Roger!フォーラム」はRogerをこよなく愛するRogiオタ達が集いワイワイがやがやきゃーきゃー・・と騒がしく楽しく意見交換する場です。
よってフェデラーファンではない方が見るとかなりイタい発言等があるかもしれませんが、そういう場なのだと大目に見てやってください。
しかし、Rogiオタさんたちへ、誰でもがこのフォーラムに入り皆の投稿を見ることが出来ます。ですからある程度そのことを頭の隅においてRogerのファンとして良心と良識のある場となるよう皆で協力してまいりましょう!!

2012 BNP Paribas Open Indian Wells

未読記事by fuyu » 2012年3月09日(金) 17:00

Official Site : http://www.bnpparibasopen.com/
Draw http://www.bnpparibasopen.com/posting/2012/404/mds.pdf
Face Book : http://www.facebook.com/BNPPARIBASOPEN
Twitter : https://twitter.com/#!/bnpparibasopen/

対戦相手の可能性としては、2R クドラかLLカムケ(ツルちゃん棄権)、3R ラオニッチ、4R モンフィス、QF デルポトロかフェレール、SF ナダル、F ジョコビッチかマレー
初戦は今年はTHからスタートしたので日曜になるでしょう。

NYのエキシビの翌朝、四苦八苦して双子ちゃん達にシートベルトを装着し :lol: 、車で空港へ向かいIndian Wells へ飛びました。
D杯、ロッテルダム、ドバイ、全豪後のハードスケジュールを心配しましたが、スキップする気などさらさらなかった模様。でも、さすがに疲れてるだろうな~ :?

さて、問題のDraw・・・BHになりました。超タフやんか!!! :怒り2:
今年になって18大会あり、優勝者は14名。今大会、ユーズニーは足指怪我でキップです。
まずRogi 山。Rogi 2大会+フェレール3大会+デルポトロ+ラオニッチ2大会+メルツァー。9大会、5名の優勝者がいます!
ジョコ山は、ジョコ+ベルディヒ+アルマグロ+アンダーソン。4大会、4名の優勝者。
ナダル山は、ツォンガ+ニーミネン。2大会、2名の優勝者。
マレー山は、マレー+モナコ。2大会、2名の優勝者。 (基本Rogi 山しか見てないので、間違いあったら教えて)
あまりに不公平。なんだか、見れば見るほど腹が立ってくる。コートは遅いし、まった何かの陰謀でしょうか…な~んて :わめく: :頭突き:

7日は休養のためpracticeはしませんでしたが、会見、ATPの写真撮影など、それなりに多忙。

まずはATP Photo Shoot
:lovestruck: ・・・メイクさん、近寄りすぎ :?
画像 :ハート:

pre-tournament presser
画像
画面小さいし、あんまり聞こえないけど,Youtube
http://www.youtube.com/watch?v=79Ty3yPL ... e=youtu.be
もうひとつhttp://www.youtube.com/watch?v=Trc7PRl5mCc

会見スクリプトが待っても出てこないので、あちこちから拾ってきました。
Federer Welcomes Desert Calm
http://www.atpworldtour.com/News/Tennis ... um=twitter
若いころはIWは静かすぎるし(田舎と聞いてます)、すごくゴルフが好き、でもないので、NYやMiamiのほうが好みだったけど、
2004~2006と優勝できたし、気候も良くてのんびりできるので今は好きになった。
ロッテルダムの後ドバイで勝って、より良い感じになっている。

Federer focused on success at Indian Wells
http://www.google.com/hostednews/afp/ar ... c49ad4.1e1
ここまで試合をたくさんしている。オーバープレイではないが、十分なだけの試合をした。怪我をしないよう正しい判断をして注意深くしなければいけない。
ドバイでは、大事なポイントで何をしたいか、何ができるか、できないか、が良く分かっていた。十分な試合数をこなさなければこういうことは分からない。
(そのためにAO後にたくさんの大会に出たのでしょうか・・・?)
若い頃のような間違いを犯さない為に、そして以前と同じエネルギーのレベルを保つ事はもう出来ないのだから、
身体を守るためにスキーもサッカーも、ほかのスポーツは一切しない。

Upbeat Federer back at beloved Indian Wells
http://www.dailystar.com.lb/Sports/Tenn ... z1oTbPr71r
ずっとアグレッシブにプレーしている。集中しているし、自分の能力を疑ったことはない。
去年の中頃、自分は十分なディフェンスが出来ていないと感じていたが(そんな風に思ってたんですね!)、今はずっと良くなり、その状態から抜け出せたと思う。
少なくともこの状態を保ち、できればもっと良くしたい
サーフェイスは自分のゲームに合っている。スライスは低く留まり、キックは跳ね、ボールは速く飛ぶ。(ええ~~~そうなの?本当に???)

The Tennis Space: People of Influence:
http://www.thetennisspace.com/opinion/p ... sU.twitter
http://www.thetennisspace.com/opinion/f ... pace-no-1/
The Tennis Space誌で「(テニス界で)最も影響のある人の1位に選ばれたことについて。
僕が1位でMirkaが20位(なのです、笑)、悪くないね~、どうもありがとう。 :lol: 長い間ツアーに出てるし、No1も長かったし、メディアの取材にもよく応えてきたしね。
ファンのためにいつもよい話題を提供し、出来る限り正直でオープンでいたい。

Federer : Officials ‘being’ too loose’ on pace of play
http://sportsillustrated.cnn.com/tennis ... -atp-tour/
Federer: Time violations not being enforced
http://tennis.com/articles/templates/ne ... &zoneid=25
ポイント間の時間が長すぎるのに対し、オフィシャルがきちんとルールを実行しない件について。
ATP大会ではポイント間は25秒,ITFの大会(グランドスラム)では20秒。全豪決勝以来、あちこちで言われている件です。
ITFのオフィシャルのヘッドのエンリク・モリーナさんは、明らかにルールが徹底されていないケースがある、と。
ロディックやジネプリ、ラッセルはUSA Todayにバスケの試合のようなshot-clock(そんなん、あるんですか?)を採用したらいいと。
Rogiは、僕も時間を超過することはあるかもしれないが、もう少し正すべきだ。ファンは5ポイントに5分もかかるような試合にフラストレーションが溜まらないんだろうか。
(私、いらつきます)
しかし、shot-clock 採用にはあまり賛成しない。まずみんなが出来る事から同意して始めるべき。ファンを失ってはいけない。
相変わらず、スマート :脱帽:
で、ナダルは・・・ちょっと開き直り気味とも取れます :shock:  それ以上は各自でお読みください。

Ljubicic To Retire Next Month
http://www.atpworldtour.com/News/Tennis ... etire.aspx
彼は長い間素晴らしい友人だったので引退するのはとても悲しい。引退について二人で話したことがあるが、今がちょうど彼にとってその時なんだと思う。
二人目の娘が生まれたところだし。
素晴らしいキャリアだったし、選手会会長として仕事をした。
とても頭が良く偉大な人物だから、テニスにかかわる仕事でも、それ以外の彼のやりたいことでも、きっとうまくやれるに違いない。
仲良しでしたからね~~~。私もさびしいです。 :(  
いつの年だったか、北米の大会でコート上でリュビ様にお誕生ケーキをプレゼントしましたね…しかし自分が勝った後で。リュビさんも参った参ったな感じだった :lol:

以上、だんだん面倒になって、雑に、雑にと流れた訳 :oops: ・・・きっとどこか間違えてるだろうけど、もう知らない 。。。 :mrgreen:

木曜は シモンとpractice
画像 :D えっと、この模様はなんでしょう :lol:
画像
画像 アナコーンさんもいる
その後はTennis Warehouseのショップの前と、 Wilsonブースとでサイン会
画像
画像あまりの可愛さに追加!!!
Roger Federer meets kids prior to Wilson event at Indian Wells 2012 http://www.youtube.com/watch?v=5pjvoaZ9BeA
There Is NO Finish Line. Far From Done.画像
アバター
fuyu
Masters of Rogiオタ
Masters of Rogiオタ
 
記事: 1108
登録日時: 2007年5月14日(月) 03:25
お住まい: 関西

Re: 2012 BNP Paribas Open Indian Wells

未読記事by emu » 2012年3月09日(金) 17:27

fufuさま、
待ちに待っていました。
本当にありがとうございます :-D
後でゆっくり再読再見、楽しみ、うれしいです。

今は何も望みません。
元気でコートにいてくれたら、それだけで。

でも、やっぱり73番目の笑顔が見たいな :pray:
emu
Federer fan
Federer fan
 
記事: 15
登録日時: 2011年7月24日(日) 09:57

Re: 2012 BNP Paribas Open Indian Wells

未読記事by shimarisu » 2012年3月10日(土) 22:43

fuyuさま

ありがと~ さすがロジャーファンジャーナル編集長(と呼びたい)
写真チョイスも記事もツボっす~
感謝感謝

ロジャ、いまディフェンスよいよね~
コンディションに注意して、IWもがんばってほしい。
無理はならぬことをご本人も意識しているようで(当たり前だけど)安心です。

ちなみにTWITTERでも話題になってましたが
スポーツ選手が絶対やっちゃいけないスポーツがスキーで、
サッカー選手はもれなく厳しく禁止されてます。
海水浴がダメっていうチームも。
日焼けは体力を奪うからだって。
雑談でした。
shimarisu
Roger fan
Roger fan
 
記事: 297
登録日時: 2008年5月19日(月) 02:42

Re: 2012 BNP Paribas Open Indian Wells

未読記事by fuyu » 2012年3月11日(日) 22:50

日曜のOOP http://www.atpworldtour.com/posting/2012/404/op.pdf ナイト第一試合,NB19:00。

10日(土)はpracticeを2時間予約していたのですが、キャンセルして姿を見せませんでした・・・・・・どうしたんでしょう :roll:

インタビューYoutube

ロジャのサイン風景動画見れます。http://yfrog.com/70zzuz 黄色い声、赤い声が飛び交ってます :lol:

9日(金)は正午からガスケと練習。
画像
画像
画像
画像
ガスケのコーチをしているグロージャンさんとよ~くお喋りをしていたと :lol:

土曜THの2R、マレー負けちゃいました。ムム、ジョコの決勝への道はwide opne ですな~ :evil:
ところでマレがサーフェイスについて「まるでクレーで試合してるようだった。今や、全仏のほうが全豪やIWやマイアミより早いよ、信じられないけど」と語ってる。
ええ・・・・・・私も信じられません。。。 :shock: :x
There Is NO Finish Line. Far From Done.画像
アバター
fuyu
Masters of Rogiオタ
Masters of Rogiオタ
 
記事: 1108
登録日時: 2007年5月14日(月) 03:25
お住まい: 関西

Re: 2012 BNP Paribas Open Indian Wells

未読記事by asanokaoru » 2012年3月11日(日) 23:59

fuyuさん、いつもほんとうにありがとうございますm(u_u)m。
ゆちゅ、写真、記事、すべて満遍なく網羅されていて、後で見返すのにも最適、
すっかりお任せして、見せていただくばかり :oops: 、ごめんなさい&ありがとうございます。 :アリガトウ:

まれの敗退、ショックでした。
本人が、練習ではうまく行っていた、と言っているだけに・・ :エー:
もちろん、ガルロペさんは技ありな選手、しかも今日は要所でのミスも少なかったようなので、
いわゆる、なぜこんな選手に、というアップセットではないと思いますが・・

http://www.espn.co.uk/espn/sport/story/140492.html?CMP=OTC-RSS(マレーの記事)
fuyuさんも書かれてますが、

It almost felt like playing the match on a clay court.

だそうで、IWはハードのはずなんですけども・・

・・・今後も世界的に、どのコートも遅くなるんでしょうし、気が重いです。。
練習、キャンセルだったんですかぁ。。
やはり疲れが出てるころじゃないのかなぁ。(どう考えても、ハードスケジュールすぎる・・・)

腕を気にしてる、わけじゃないよね・・
画像

この、えい、面倒だな、入れちゃえ!な感じ、・・・好きです♡♡♡
画像
アバター
asanokaoru
Roger fan
Roger fan
 
記事: 159
登録日時: 2009年8月27日(木) 15:33

Re: 2012 BNP Paribas Open Indian Wells

未読記事by ひいらぎ » 2012年3月12日(月) 21:30

対Kudla勝利、6-4、6-1おめでとう :拍手: :拍手:

Indian Wells、発熱、吐き気、下痢症状のウィルス蔓延で棄権者が続出しています。
スコアは楽勝っぽいけれど、何だか元気そうじゃなかった、というコメントあり。
やはりロジャーも被害者だったみたい。 :shock: :shock:
家族が罹って(そりゃ、子供連れですから)自分は軽いほうだったけれど、今は家族と離れて過ごしているとのこと。
土曜の練習キャンセルとのレポートに、前日のガスケとの練習で転んだ時の怪我?とかいろいろ憶測があったようですが、これだったんでしょうね。
幸いこのウィルス症状は24~48時間限定ということ。第3戦まで一日空くので、それまでに完治 :yeah: と期待しましょう。


ウィルスの記事は下記。家族の話はロジャーがスイスのラジオ局に話したそうです。
http://www.reuters.com/article/2012/03/ ... CK20120312

ロジャーの家族も、タイミング悪く悔しい思いをした他の選手たちも、みんな、みんな早くよくなりますように! :pray: :pray:
                                :goroger:
ひいらぎ
Federer fan
Federer fan
 
記事: 20
登録日時: 2010年6月18日(金) 19:58

Re: 2012 BNP Paribas Open Indian Wells

未読記事by fuyu » 2012年3月12日(月) 21:33

あ、ひいらぎさん、かぶっちゃった!ごめんなさい。

クドラ戦 6-4、6-1 57分 Winner 22、Unforced error 13 1stの確率61% エース8 素晴らしい内容でした :ハート:
画像
画像
画像 双子ちゃんそっくり :lol:

2nd set 第6ゲームの神ドロップショットの瞬間はまさに「オオ~~~~ッ :ハート: 」でした 8) Sunday Hot Shotに選ばれました :yeah:
Youtubeご覧ください。hirocoさん、upありがとうございます :感謝感激:


しかし、喜んでばかりもいられないのです。Rogi、体調不良です。微熱がある。家族全員病気らしい。Rogiが一番症状が軽いのだと :エー:
まずはプレカンお読みください。プレカンは予定より15分も遅れて現れ、顔が紅潮し、明らかに100%に見えなかったそうです。
(ソースはこの記事の最後の部分とか……http://blogs.tennis.com/racquet_reaction/2012/03/indian-wells-federer-d-kudla.html )
しかし、具合悪いと言ってるのに、どうでもいい事まであ~だ、こ~だと質問すること… :evil:
コード: 全て選択
FEDERER d. Kudla 64 61

Q. Was that maybe the perfect start?

ROGER FEDERER: Yeah. I mean, look, I'm always relieved and happy when I am able to find my way into a tournament, see some of the matches, and, you know, where you're at, sort of.
So it's a good start for me. I didn't know Kudla very much, or at all, really, so it was a good win for me.

I'm looking forward to what's next.

Q. You must know Raonic a bit more.

ROGER FEDERER: Little bit more. Yeah, I've only practiced with him once at Wimbledon last year. I have seen a little bit against Hewitt this year at the Australian Open, and he's obviously a good player and up and coming, and just had, again, a great run in the American hard courts, you know, early in the season.
So this is sort of the same area of the world, similar surface, and I expect it to be a very tough match, obviously.

Q. There were some pictures and reports that you maybe hurt your arm in practice when you were practicing with Gasquet, or is it just nothing?

ROGER FEDERER: No, I just fell down. But no, no problems at all.

Q. No injury at all?

ROGER FEDERER: Nope.

Q. Have you been at all worried about the illness that's been going around, the players in the area, the virus?

ROGER FEDERER: Well, I haven't hung around much at all, so worried, yes. I guess everyone is, yes. But, yeah, we're fighting something of our own in our family, so it doesn't matter where it's coming.

Q. Someone with you has it, or...
ROGER FEDERER: Yeah, we have tons of stuff going on at the moment. (Laughter.)

Q. Is it just a cold or is it a flu?

ROGER FEDERER: I don't know. I have a bit of a combination. Not terrible temperature, but I have some things going on. But I'm best off from the family, so thank God I'm the tennis player here.
No, the rest of them are struggling much more.

Q. With you and Rafa and Novak, Andy, and a lot of other outstanding players in the men's game at the moment, if you think back, would you consider this to be "the" greatest or one of "the" greatest eras of men's tennis?

ROGER FEDERER: No. Just because that's not up to me to call that shot, anyway. Two years ago we had a not very strong era, so now all of a sudden it's supposed to be the strongest.
I'm always gonna disagree with journalists who never thought it was except the top two it was a weak era back then and now all of a sudden they think it's a great one.
I always thought Novak and Andy and so many players are great, great players. But it's just an opinion anyway from people. I mean, I am amazed how deep we go in every tournament, the four of us, since a long time now. That's what I've been most amazed of.
But then again, the surface sort of allows us to do that, too. It's just a different time. And we're very good players, but like I said, it's a different time back then, so can't compare.

Q. You get Raonic in the next round, whom I gather you have not played previously. When you're playing a guy for the first time, do you try to give it that little bit extra in order to impress upon him how masterful you are?

ROGER FEDERER: How? Match? What?

Q. Masterful you are.

ROGER FEDERER: Oh, no. I mean, look, he's obviously got a good serve, so there is not that much you can do on his serve. Let's say against a guy maybe, you know, who allows you to play much more from the baseline you can come into a match and maybe impress a bit more by playing really aggressive.
But your focus serve with my own serve, not to make any mistakes there, and then try your best on his serve. But that's because he's known for his big serve and his big sort of one two punch.
Against a guy like this you're obviously going to try to make it as athletic as possible. I'm looking forward to that match. He's a good player. Sometimes you can help and some it cannot help to never have played a guy before.

Q. Robin Soderling is struggling to get back from fitness. It's something that you know about from suffering from the same thing.

ROGER FEDERER: Well, not so bad.

Q. Have you reached out to him, or is there anything that you can say about his condition?

ROGER FEDERER: No. I mean, we're just hearing stuff, really. I have never been that close to Robin. You know, sort of reaching out, I don't have his number and so forth.
But it's terrible news always when you see him not coming back, not feeling well, rumors going around like with Del Potro that these guys were never going to come back. One has a mental problem and the other guy has a big, massive health issue.
You don't know what's really true until you hear it from him. My hope for these guys like this is they can come back and be as good as they were before, but it's always going to throw you back a bit, in particular when you've been out for so long like Robin has now.
Yeah, because I don't think he's probably carrying around a whole lot of pain so you feel like it's possible to come back but then every time you try you don't feel well, and it's a tough illness to have, I guess. Yeah, let's hope for the best for Robin.

Q. Tennis is such an individual sport. It's so mental. You're basically out there with your strokes and in your head. In big matches, say, when you're struggling, what goes through your head? Do your thoughts race? Do you stay calm? Do you get angry at yourself?

ROGER FEDERER: Well, I guess it depends upon where you're at in your career. Depends upon where you are in your season potentially, because you could be when you're down and you're confident, you don't, you know, panic as much.
But if things are already going not so well and then you're down again in the score you might get nervous about the situation. So depends a bit how things have gone lately.
But then I guess with experience also you just know you have to stay, you know, your course. You have to keep working hard and not just completely change up your game just because you're down in the score.
Sometimes the score doesn't tell the whole story. As you know, five minutes can make a massive difference in tennis, and you don't have to play particularly bad. You just get unlucky or things just kinda don't work out for you and you're down in the score.
So it's important to stay calm and focused on what you've been doing and what you want to do. It's not an easy thing to do sometimes. But, I don't know, you get the idea. Sometimes depends obviously on how the opponent allows you to come back in the match or not.

Q. Can you think of a particularly mentally strong performance you have had, and maybe a weak one?

ROGER FEDERER: I have had many in both ways, I'm sure. One that stands out is, I guess, the one in Miami where I came back from two sets to love and a break down against Rafa. I just thought that was a really difficult situation for me to come through, and at the end I played some of the best tennis in the fifth set.
So that one for me was a major match, sort of breakthrough almost, because I really struggled throughout the match and found a way. Those are the nicest ones to come through.

Q. You won the French Open, but if you have to choose one just one moment, what is your best moment in Paris?

ROGER FEDERER: In Paris? At Roland Garros?
Hmm. I don't know. So victory is not the one I can choose?

Q. Just a big moment.

ROGER FEDERER: I don't know. I guess it's after match point when I go to my knees. It's when it sunk in and it's reality and it's not just this incredible title I'm chasing anymore. It's done. I got it, you know.

Obviously you probably know as well as I do, you know, the great tournaments I played before that and how difficult that particular tournament was in 2009. So to come through all those matches with Del Potro and Tommy Haas and so forth, it was just an amazing victory for me against Soderling in the rain. So it was great.

風邪なの?(stomach) fluなの?と聞かれて、
「どっちも、合わさってるみたい。高くはないけど熱がある。身体の中で何かが起きている感じ。でも家族の中で一番体調が良いし、家族と離れている。
おかげできょうはここでテニスができる。家族はいま大変だ」と。てんやわんや、なんでしょうね。 :心配:

この部分ではありませんが会見もYoutubeあります。なんだか元気ない・・・ :thiking:   またも、hirocoさん、ありがとうございます :感謝感激:


IWでは現在腹痛を引き起こすウィルスが蔓延中で、選手や観客で感染者が増えています。
昨日はpracticeをキャンセルしましたし、きょうもキャンセルしたらしいと聞き、感染したかと心配していました。
その上、試合前にJ・ギメルストフが「フェデラーはウィルスに感染して苦しんでいる」と言った、という情報が流れたので、試合中も気がかりでした。
案の定、1st set チェアで鼻かんでいましたし、set 間にはバスルームトイレットブレークをとりました。3set マッチではとても珍しいことです。
試合自体も、早く片付けたい感、いっぱい。

きょうはpracticeは試合の40分余り前に15分ほど軽~く。表情も冴えなかったし、人との接触を避けている様子だったそうです。
画像 いつものペットボトルじゃない。特別なドリンク?
画像
画像 勝利後もどことなく生気不足…。

なお、金曜日ガスケとの練習で転んで右手をついたので、怪我が心配されてましたが、それはない、なので一応安心 :)

フォーラムメンバーで観戦に行った人によれば、試合後はやはり群衆を避けるようにし、自分で運転して会場から走り去ったそうです。
メンバーが車の通り道を予想して待機していたら、ちゃんと徐行して「good night !」と声を掛けてくれたそうです。ウラヤマシ~~~ :D

3回戦はラオニッチ
とにかく早く良くなって~~~!!! そして無理しないで~~~!!!
There Is NO Finish Line. Far From Done.画像
アバター
fuyu
Masters of Rogiオタ
Masters of Rogiオタ
 
記事: 1108
登録日時: 2007年5月14日(月) 03:25
お住まい: 関西

Re: 2012 BNP Paribas Open Indian Wells

未読記事by kamokamo » 2012年3月16日(金) 18:51

ロジャーファンジャーナル編集長のfuyuさん(まさに、ぴったりの表現)はじめ、皆様、いつも色々な情報ありがとうございます!!

初対戦の若武者達との三連戦。
クドラに続き・・

ラオニッチにも勝ちました~~~!

ベルッチにも勝ちました~~~!

私、写真もyoutubeも貼れないし、何とスマイリーも登場させられないけど(泣く)。
でも、ここに記しちゃう! 「病気してても、ロジャーはホントに美しい」

ミルカさんと双子ちゃんが観戦している写真が出た・・ってことは、ロジャーの体調も少し良くなっているのでしょうか。
ケガだけしないで、でも出来れば嬉しい笑顔をいっぱい見せてと、いつも心から願っています。
がんばれ~~~~ロジャー~~~~!!
kamokamo
Federer fan
Federer fan
 
記事: 20
登録日時: 2008年5月19日(月) 19:49

Re: 2012 BNP Paribas Open Indian Wells

未読記事by Yoppi » 2012年3月19日(月) 20:57

お久しぶりです!ロジャー、優勝しましたね!!!
ブログのほう、ぜひ、遊びにいらしてください!

http://ameblo.jp/xxoyoppi1221/theme-10030208674.html


画像

序盤は暗かった表情が、こんな素敵な笑顔に!!!!
本当に、おめでとう、ロジャー :スイスフラッグ:
アバター
Yoppi
Federer fan
Federer fan
 
記事: 22
登録日時: 2010年12月14日(火) 18:30

Re: 2012 BNP Paribas Open Indian Wells

未読記事by fuyu » 2012年3月21日(水) 00:28

優勝しましたね :holdingtrophy:
19 Masters 1000-titles、73 career titles、2011 US Open後は41戦中39勝。その2敗の相手に今大会でいずれも勝利しました。メデタイ!!! :occasion:

じんわりまったり喜びを噛み締め、暇さえあれば録画を見直し、せっせと編集…しているつもりが、睡眠不足がたたっていつの間に意識不明に陥ったり。。
実は記事はあまり読んでいません。褒め言葉が並ぶ記事を読むのは快いのですが、アーダコーダの論評よりRogi自身の言葉を聞く(読む)に勝るものはありません。

お写真。
画像 まずはハンサムバージョン :ハート:
画像 笑顔が可愛いバージョン :ハグ:
画像 テープ、多すぎったら :lol:
画像 トロフィー抱きしめてる :yeah:
画像 優勝の瞬間、視線の先はMirka ? 8)
画像 試合中も素敵でしたね~ :キス:
画像 舞います、舞います :loveaura:

1st set タイブレーク、ミニブレして7-8 にしたロブはSunday Hot Shot に選ばれました :yeah:

on court でのインタビュー


試合全体は例によってmintさんがYoutubeにupして下さっています。GAORA観戦できなかった方はどうぞ・・・皆さんご存知ですよね、既に :wink:

待っていた会見スクリプトがようやく出ています。http://www.asapsports.com/show_interview.php?id=78677
気になるところだけ要約してみました。間違ってるところもあると思いますが・・・

体調について。
朝方(クドラ線の前と思います)に目が覚め、とても具合が悪かったので、これ以上悪くなるようならプルアウトしなければならないかもしれないと考えた。
自分は歩ける限りはコートへ出つもりだった。幸いにも、家族と比べて症状はマシだった。
午後ずっと良くなかったが、試合の1時間前になり少し回復し始めた。ラオニッチ戦までは本当に体調が悪かった。
その後良くなり始めたが、結局この5日間体調がいいとは言えない。悪化させないよう気をつけた。
周りの皆(チームフェデラー…最後にはアナコーンさんまで)が体調が悪かったので、難しい状況だったが、少しでも長くこの大会に居続けようとした。

今大会の結果について
当然だけど大会で優勝するのが大好きだね。この大会までハードワークをし、たくさんの試合をしたおかげで、良い流れをつかみ自信も得た。
今週初めの苦しい状況を乗り越えタイトルを得ることができて、すべてが報われたと思うと感情的になり素晴らしい気分だ。
3年連続して優勝しこの大会を楽しんだ頃を覚えている。
それ以来長い時間を経てまた優勝できたのがただもう本当に嬉しいし、ホッとしたと言うより今週の自分のパフォーマンスが誇らしい思いでいっぱいだよ。

2011全米敗戦以来、素晴らしい成績を残している件。その割にあまり評価されていないのでは?
さあ、ご存知だろうけど、僕は皆さんが書く記事を読まないから(Smiling)
2011全仏以来とてもいいプレーをしていると思っている。WBでも全米でも同じようにいいプレーをしていたが、優勝しなかったからね。
苦しい期間だった。冷静に落ち着いてハードトレーニングをするのが大切だった。そして微調整をし、幸運が訪れるのを願った。
シーズン最後のインドアシーズンでバーゼルに始まって8大会で6回も優勝できたのはとてもスゴイし、びっくりしている。

今までで一番いいプレーをしているのでは?
分からない。IWの最後の3試合はすごく良かったし、もちろんここの半年間はずっと良い内容だ。
その前だって良かった。今はただ自分が健康で幸せだと感じ、プレーしたいという気持ちがある事が幸せだね。
人生を楽しんでいる。すごくいいプレーをしていると思う、ベストかどうかは知らないけど。

この春のスケジュール。
今年は(例年に比べて)少し多くプレーすることを決心したんだ。もしそれがうまくいけば、IWやMiamiに好調を保ったまま臨むことができると考えた。
そしてまさにその通りになった。あまり上手くいってちょっと驚いている。
もう1大会、マイアミに出場し、そのあと一週間かそこら休みを取り、全仏へ向かってスケジュールを組む。

メディアが以前のことはすぐ忘れ、目先にしか興味を持たない件。
みんなは年齢、特に僕の年齢を話題にしてるんだと思う。
選手が30歳になったら、どうやってテニスが出来るのか分からない人がいるという事は僕にとってショッキングだよ。
30歳でも十分にベストなテニスができるよ。去年の8月以来の僕がそれを示していると思う。
結局のところは、僕は人々が何と言おうと気にしない。ファンを大事に思い、今みたいなリラックスした良い会見ができるように心がけている。
プレスもそれは分かっているだろうし、僕も記事にあるような批判を理解はする場合もある。でも時には行き過ぎていることがある。
僕にとっては別に問題無いけれど、そんな風に書かれると、ファンは残念な思いをするだろうね。

再びランキング1位になる件について。
長い目で見ればゴールだろうね。しかし現時点でのさしあたっての目標ではないし、今はなれない。だって、ノバクが過去1年間の素晴らしい成績を残している。
今のところ僕は好調だけど、それがすなわちノバクが不調だということにはならない。彼が更に好調を続けるかもしれないし、ラファがクレーになってまた調子を上げるかもしれない。そうすると、僕にとってNo1になるということはとても難しくなる。だから、現在の第一の目標ではない。

3回の連続優勝から、4回目まで時間がかかった件
理由はわからないが、長い期間をおいてまた優勝できたことに驚いている。
今回の優勝は自分のキャリアの中でもこれ以上ない良いタイミングだった。大きい大会であるし、シーズン最初のマスターズ1000の大会だから。

以上、写真、Youtube、いつもお世話になりっぱなしのオタメンバーのhirocoさんとmintさんに感謝 :アリガトウ:
There Is NO Finish Line. Far From Done.画像
アバター
fuyu
Masters of Rogiオタ
Masters of Rogiオタ
 
記事: 1108
登録日時: 2007年5月14日(月) 03:25
お住まい: 関西

Re: 2012 BNP Paribas Open Indian Wells

未読記事by ちーこ » 2012年3月21日(水) 19:06

やりましたねー、ロジャー! :拍手:
優勝だけでもうれしいのに、最近苦い敗戦をきした2人に共に勝っての勝利ですから、
本当に幸せすぎて、夢見たいです。
それにしても今回は病気もあったはずにのに、ロジャーは本当にすごい。
本当にレジェンドです。こんな選手はもう二度と現れないでしょうね。

fuyuさん、いろいろ記事・写真ありがとうございます。 :lovesign:
アバター
ちーこ
Rogiオタ
Rogiオタ
 
記事: 347
登録日時: 2007年5月18日(金) 13:18
お住まい: ウイーン

Re: 2012 BNP Paribas Open Indian Wells

未読記事by fuyu » 2012年3月23日(金) 12:22

ずっと気になっていたので、今更ですがカキコします。最近Rogiを巻き込んで話題になっていたTime violation問題 :thiking:
ポイント間の時間はITF(GSとD杯)では20秒まで、その他のATPツアーでは25秒までとルールに定められています。
違反すると警告を受け、場合によっては相手に point が与えられます。 

伏線は5時間53分も要した全豪決勝直後からありました。「確かにすごい試合だったが、長すぎるんじゃないか?」という声です。
何度か主審が警告したのに両者は時間オーバーを続けて試合を長引かせ、おかげで睡眠不足になった。ざっと計算しただけで1時間は速く済んだ筈なのにetc. :shock:
ESPNによれば、ジョコビッチvsナダルの試合ではポイント間の時間は平均で30秒以上あったそうです。(2nd set あたりで既に警告発令)

また、彼らのポイント間の時間がnormal peopleのようであれば、計算上4時間17分で済んでいた、というのもありました :lol:
http://gototennis.com/2012/01/29/golden ... -424129084

プレースタイルが異なるので一概に比較はできませんが、参考のため2005AO準決勝サフィン戦と比べてみます。
2005AOでは合計395pointで4時間28分。1 point あたり約41秒
2012AOでは合計369pointで5時間53分。1 point あたり約57秒
単純計算では05サフィン戦を12決勝のようなペースでやっていたら、6時間15分かかったかもしれないし、逆に今年の試合が05ぺースなら、4時間12分で終わった。。。 :roll:
05AO SFスタッツhttp://www.usatoday.com/sports/tennis/aus/2005-01-28-safin-hope_x.htm
12AO Fスタッツhttp://www.australianopen.com/en_AU/scores/stats/day19/1701ms.html



IWで久々にナダルが登場しました。7日(水)の大会前の会見で早速Rogiに質問が飛びました。そして翌8日(木)にはナダル会見で質問。
スクリプトが出ていないので、なるべく詳しく取り上げている記事を探して、訳してみました。

3月9日付THE SPORTS REVIEW「Indian Wells 2012: Roger Federer upbeat in a very downbeat way」
http://www.thesportreview.com/tsr/2012/ ... r-federer/
Federerは率直に答えた。
「主審がルールを守るように促しているかって?いや、そうは思わないね。とってもルーズだよ、何故だか知らないけど。
長いラリーの後は選手にいくらか休む時間を与えなきゃいけないのは理解できるよ。じゃないと、試合を続けられないから。
でもオフィシャルはもう少しルールに厳正であってもいいと信じている。
すごく不満というのではないけれど、ラファとの3時間や4時間の試合で一度もtime violationがないのか分からない。
僕だって時間をオーバーすることはあるけれど、この問題で僕の名前が挙げられることはない。
騒ぎを起こしたくて言うんじゃないんだよ、でも、もう少しルールをきちんと適用したらいいんじゃないのかと思ったことは何度かあった。
最終的にはファンに苛々して欲しくないからね。」
shot clockの導入については、「そこまで行って欲しくないな。ほんのチョッとしたことなんだよ、でもちょっと苛々するのさ」
言うまでもなく、ナダルはFedererのコメントに関して質問された。
そしておそらくこれまでプレカンで記録された最長記録ではと思われる長い沈黙の後で、ついに答えた。
「状況次第さ。ルールはある…でも、6時間もの、1ポイント毎にクレージーなラリーが続く試合で20秒の休憩で選手が試合をやれると思わないで欲しい。
できる人はいるかもしれないけど、僕は無理だ。自分の考えではそれは主審の仕事だ。
ルールには従わなきゃいけないが、僕たちはこんな風になる必要はない(と言って、両手を顔に上げて馬の目隠しのようにした)僕たちはもうちょっとオープンであるべきだ。」

ナダルの発言内容はこちらが詳しい。
3月9日付TENNIS X 「Federer, Nadal Argue Over Time Violations, Who’s Right And What’s The Answer?」
http://www.tennis-x.com/xblog/2012-03-09/9039.php
ナダルは反論した。
「ルールは確かにある、でも6時間の試合で、1ポイントのためにクレージーなラリーをする試合で20秒の休憩なんて選手に期待しないで欲しい。
審判が選手がポイント間に時間を取りすぎると判断したら、選手は警告を受け入れなければならない。ルールだから。けどそれは審判次第だ、というのが僕の意見。
誰もがそれぞれの理解の仕方をしている。普通の状況なら15秒でいいと思うこともできる。でも、試合の進行状態を理解しなければならない、それは審判の仕事だ。
今までたくさん警告されたけれど、僕は殆どそれを受け入れてきた。時には審判が正しいと思ったから。ノバクも僕より少ないけど同じだ。
それもゲームの一部、ルールに従わなきゃいけない。でも盲目的になる必要はない。」



で、更にメディアが・・・主なもので
3月8日付USA TODAY「Is it time for tennis to bring in shot clock?」
http://www.usatoday.com/sports/tennis/s ... 53420792/1
ロディックは先月「判断するのは主審の仕事であり、選手が時間を長く使いすぎるのなら、それは選手の責任でなく審判の責任だ」と言った。
ITF審判トップのエンリク・モリーナは水曜日にこの件に関して改善の余地があると認め、電話で答えた。
「これが問題になったのはトッププレーヤーのうちの2~3人が他の選手より遅いからです。どの試合でも適正にルールが守られている、と言ったら私は嘘をついていることになります」 :huh?: :mrgreen:
女子の試合において、唸り声が相手のプレーを妨げてはいけないというルールに抵触するのではないか、というのと同様に、
time violationsは不正行為ギリギリなものであり、反則スレスレの駆け引き、gamesmanship とも見られかねない。
ベテランのM・ラッセルはランキン上位の選手は特別扱いされている「自分が同じことをしたらすぐ警告を受けるが、同じ人が自分より10秒も多く時間を使っている」と言い、
R・ハリソンはトップ選手は多めに時間をもらえている、公平でないという。
ロディック、ラッセル、ジネプリはNBAのようなshot clock導入に賛成している。しかしshot clock導入は長短両面がある。
観客の反応、ボールキッズがもたもたしていた、コンディション、直前のラリーの長さ、選手のテンポ、それらに対応する融通性が不足しているのだ。

3月12日付 The National「Nadal and Federer rivalry is heating up」ちょっと煽り気味。
http://www.thenational.ae/sport/tennis/ ... heating-up
IWでtime violationsについて問われたFedererは、躊躇うことなくナダルの名を挙げた。・・・ナダルの反応は明らかに喧嘩腰だった。・・・以下略。

ちなみにshot clockってこんなもの↓ 見たことありますよね。NBAやプロのラクロス、水球等で採用しています。
http://www.google.co.jp/search?q=shot+c ... 80&bih=604



Twitter上ではこれらを受けて、何人かの海外メディア関係者がナダルのpoint間を測り始めました。一種の流行りですね 8)
全ては把握してませんが、QFでは平均39.85秒、2nd BPの前は45秒だったそうです。
SFではポイントを取った次には平均20~27秒。ポイントを失ったあとでは30~35秒だ、云々。・・・皆さん、細かい! :wink:
また、Federer良く言ってくれた。時間を守らないのは全くフェアじゃない。エースやDFの後でさえ守らない選手がいる。
time ruleやゲーム中の唸り声について話すのがどんなに容易じゃないか、軽く見ちゃいけない、というのもありました。
以上すべて一般のテニスファンではなくメディア関係者のつぶやきです・・・内心同じように思ってた人もいたんですよね。



さて、こういう風潮を受けてなのかどうなのか、QFナルバンディアン戦後のプレカンでナダルがちょっと気になることを言いました。
会見スクリプト、ちょっと訳してみました。
http://www.asapsports.com/show_interview.php?id=78618
Q:ロジャーはコートがクレー並みにとても遅い。最近はどこも遅いコートになっているが、自分は速いコートがあったらいいと思っている、と言ったけど、どう思う?
Nadal:昔のことは知らない。知っているのは最近の事だけだ。自分の感じでは他のハードコートに比べて遅いとは思わない。
僕の意見では、ボールは早く飛ぶしサーフェイスは普通のハードコートだ、ほかよりも速くもないし遅くもない。良いと思ってる、好きなサーフェイスだ。
わかんないけど、ロジャーがそう言ったのなら、来年はずっと速くなるだろう、NO?僕は今週すでに何回もtime violationを取られた。それが真実さ。


え~~、ラファ、「ロジャーがそう言ったのなら、来年はずっと速くなるだろう。僕は今週すでに何回もtime violationを取られた。それが真実さ」って何か変 :non:
思うに、ロジャーがtime violationを厳しくしたほうが良いと言ったせいで、自分への風当たりが強くなった。
どうせコートの速さでもなんでもロジャーの意見が通るのさ、とスネているようにさえ聞こえます。
それは違います。Rogiが言ったから、ではなく、ルールを守らなかったから、警告を受けたのです :!:
サーフェイスはRogiが速いのを望んでいるのに、Wimbyを初めとしてコートはどんどん遅くなってきています。むしろナダルに有利になっている、が真実です。
ついでに言えば、IW早々と敗退したマレーは、サーフェイスはクレー並み、またはそれ以上遅い、と言ってました。
とかく何事もロジャー絡み、あるいは比較されて質問されるナダルも大変とは思いますが、そういう言い方はどうかと思います。

彼の試合はあまり見ないのでSFを例にあげると、長いラリーの後でも、ポイントを失った後でもRogiはほぼ変わらない早いペースでサーブに入ります。
二人で同じ時間のラリーをしている。それでもナダルは時間を取るのです。45秒というのもありました。TwitterのTLに45秒!が何件か並びましたが、警告は無かった :huh?:
この試合は長時間でもなく、質は高いものの、クレージーな長さのラリーが続いたのでもないのに、です。

最近はナダルのようにフィジカル的に厳しいプレースタイルの選手が増え、ポイント間が20秒では足りないのでは、という意見もあるようです。
でも、だから誰もが長いわけではありませんよね。例えばフェレールを見て「いつだって、長いんだから・・・」と感じたことはありません。
厳しいラリーの後じゃないのに、超長時間試合でもないのに、ポイント間の時間を長くとるのが問題なのだと思います。癖なのでしょうね :roll:
個人的には、ポイント間が長いのは嫌いです。
対戦相手の好調なプレーの流れを切る、相手を焦らしながら作戦をじっくり考える、試合のリズム崩す、必要以上の休憩をしている。どうしてもそう感じてしまいます。


最後に言いたいのはメディアのやり方、なんかキタナイ。
まず、なぜRogiに質問した後に「ロジャーがこう言っているが・・・」とナダルに振るのでしょう。関係を険悪にさせて、ネタを集めたいの? :evil:
自分達が日頃思っていたのなら「AO決勝は・・・と言われているが、あなたの意見は?」とナダルに質問すればよいのです。
次に、Rogiとナダルは言い争ってるのでも、喧嘩しているのでもありません・・・少なくともRogi は、です。
読めば分かる通り、Rogiも「長いラリーの後は選手にいくらか休む時間を与えなきゃいけないのは理解できる。じゃないと、試合を続けられない」と言っています。
何がなんでも厳しく、と主張しているのではありません。その点はナダルと大差無いのです。
それ以外の場合は適正にルールを適用しよう。Shot clock まで行かなくていいじゃないか、と穏やかに言っているのです。
そこを抜かして、さも対立しているように書くのは止めて欲しい :x
最後に「フェデラーはすぐナダルの名を挙げた」と書きますが、メディアもまずはナダルを念頭に置いて質問し、Rogiはそれに答えたのです。匿名にすれば良かった?

う~~ん何が言いたいのか・・・取り留めがなくなってきました。筋道たてて意見を言うのが苦手です :うっかり:
勝負が絡んで難しそうだけど、公平なルール適用のために、選手も審判も努力してくれたらな~~~~。紳士のスポーツでしょ、テニスって。。
Rogiの言うとおり、"It's a little thing, but you don't want to lose fans because of that." ですよね! :yeah:  ←イタい!!! :笑: :ウィンク:

以上です。やたらの長文すみません。なお、言うまでもなく、素人訳なので意味を取り違えてる箇所もあると思います。お気づきの方はご指摘ください。
そして、Rogiオタ以外の方々、特にナダルファンの方には腹立たしい部分も多かったと思いますが、その場合はイタいオタの愚痴とお許しくださいませ  :ゴメン:
There Is NO Finish Line. Far From Done.画像
アバター
fuyu
Masters of Rogiオタ
Masters of Rogiオタ
 
記事: 1108
登録日時: 2007年5月14日(月) 03:25
お住まい: 関西

Re: 2012 BNP Paribas Open Indian Wells

未読記事by Marie » 2012年3月25日(日) 13:06

fuyuさ~ん、いつも素晴らしい編集のロジャージャーナル(!)本当にありがとうございます :感謝感激:
time violationの件、同意です。(とっても筋道立ってると思います! :wink:
ナダルの主張は一見まともに聞こえるところもあるのですが、現実を見ると明らかに破綻していますよね。。。。
・5時間以上の試合であろうが1時間ちょっとの快勝の試合であろうが、結局は同様にポイント間に時間をかけていますし、
・警告を「受け入れている」そうですが、甘んじて受け入れていればそのルールは破っても構わない、とのスタンスに見えます。
失点が課せられるようなことまでにはならないだろうと踏んでいるのでしょうか :?

最近メディアを挟んで何かとロジャーに絡んでくるようになってきましたが^^;、
反抗期の幼い弟みたいな言動から早く卒業してほしいなと思っております(失礼(_ _)) :mrgreen:

IWの決勝後の会見などで、ロジャーは、自分はメディアの書くことを全部読むわけではないし気にしないけれども
ファンの人達は残念に思うこともあるだろうね、といった意味のことを言っていますね。
ファンとしてはいい加減な報道や煽り記事に怒り心頭なことも多いですが、
ロジャーのこの言葉には気持ちが救われる気がしています :ハグ:

あれ、もしかして私ここでロジャ優勝おめでとうを言ってなかった!?
(もうマイアミ初戦も終わってるのに :lol:

Congratulations Roger! Keep it up!!!

:blinkheart: :goroger: :blinkheart:
アバター
Marie
Roger fan
Roger fan
 
記事: 282
登録日時: 2007年9月20日(木) 15:51
お住まい: 関西

Re: 2012 BNP Paribas Open Indian Wells

未読記事by linden_lee » 2012年3月26日(月) 00:26

本当に遅遅ですが、私もこちらで『ロジャー、優勝おめでとう!』を言いたい。
夢のような、美しい表彰式でしたね。カラフルなテープがロジャーに絡まって微笑ましかったです。
 
 正直、前半はまさか優勝できるなんて思っていませんでした。
過密スケジュールに加え、その疲れが出たとも思える体調不良…
また、IWは風邪が強く、ロジャーの調子を狂わせてしまうのじゃないかとか、
組み込まれたヤマの難敵の多さにぞっとしたり…

fuyu様の訳に、いつもお世話になってるのですが、(ほんと、ありがたいです!!)
ロジャーは、私たちには過密すぎると思われた行程も、
全て考えた上での行動だと訳を読ませていただいて知り、
改めて「ロジャー、すごい人だなあ」と思いました。

それで、本当に勝ちきってしまうのですからね。
自分でも「うまくいって良かった」なんて言ってるとこがまた…

今回も話題に出てたtime violation問題。
fuyu様の詳細な追跡レポに感心します。
昨年あたり出てたランキング2年制問題にしても今回のことにしても
ロジャーって、本当に自分のことよりもテニス界全体を考えての発言を
していますよね。ああ、そうだ。シーズンが長すぎることについてもそうでしたよね。

大人ですよねえ…。マスコミへの対応にしても、長年さんざんいやなめに
あわされてきたはずだから、もう飄々としてるし。でも、真摯さとユーモアも忘れてない。

ロジャーの行動の一つ一つに魅了され続け、その幸せな笑顔が見たい…
マイアミでも、あなたについていきますっ!!
linden_lee
Federer fan
Federer fan
 
記事: 16
登録日時: 2011年7月13日(水) 23:08
お住まい: 徳島


Return to We love Roger!フォーラム

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: Bing [Bot] & ゲスト[1人]

cron