ABN AMRO World Tennis Tournament 2012

ロジャー・フェデラーにハートを射抜かれた :ハート: 、Rogiオタsのみなさ〜ん、日本語でRogiについて語り合いませんか?
フォーラムルール
この「We love Roger!フォーラム」はRogerをこよなく愛するRogiオタ達が集いワイワイがやがやきゃーきゃー・・と騒がしく楽しく意見交換する場です。
よってフェデラーファンではない方が見るとかなりイタい発言等があるかもしれませんが、そういう場なのだと大目に見てやってください。
しかし、Rogiオタさんたちへ、誰でもがこのフォーラムに入り皆の投稿を見ることが出来ます。ですからある程度そのことを頭の隅においてRogerのファンとして良心と良識のある場となるよう皆で協力してまいりましょう!!

Re: ABN AMRO World Tennis Tournament 2012

未読記事by fuyu » 2012年2月22日(水) 09:23

かめさん、お写真とビデオありがとうございます :感謝感激:
写真を順に見ていくと、まるでコマ送りのよう。かめさんがどんなに嬉しいのかが伝わってきます :D
自分もきっとそうなると思います。「一瞬でも見逃したくない、一枚でもいい写真を撮りたい」となるでしょうね。数枚貼ってみました。
画像
画像眼つきが好き :ハート:
画像

ビデオ、TVより一層臨場感があります。会場にボールを打ち込む時の興奮がすごいですね 8) :shock:  Rogiも可愛い。
続き、お待ちしてます。でも無理に急がなくても大丈夫ですよ~~。ドバイまで時間がありますから。


ロッテルダムのプレカンで「あと3年から6年は引退しないよ」と言ってる部分のYoutube貼っておきます :bounce:
アガシは36歳までプレーしたし、違う世代と対戦するのは楽しい、と言ってるんじゃあるまいか…?(不確実 :oops:
 SF後かな。。

もうひとつ。 ATP World Tour Uncovered - Rotterdam
There Is NO Finish Line. Far From Done.画像
アバター
fuyu
Masters of Rogiオタ
Masters of Rogiオタ
 
記事: 1108
登録日時: 2007年5月14日(月) 03:25
お住まい: 関西

Re: ABN AMRO World Tennis Tournament 2012

未読記事by プーさん » 2012年2月22日(水) 21:49

北海のかめさん、生観戦お疲れ様でした~!
お写真や映像、拝見いたしました。と~ってもステキ :oops: :oops:
会場のキャアァアアっていう声だけでもコーフンしちゃいます~。テレビではわからない臨場感ですね!貴重な映像ありがとうございます。
お写真も、すごくキレイです~ :ハート: :ハート:

お手すきの時に、また続きをお願いしますね :D
アバター
プーさん
Roger fan
Roger fan
 
記事: 104
登録日時: 2010年1月25日(月) 16:17
お住まい: 神奈川県

Re: ABN AMRO World Tennis Tournament 2012

未読記事by linden_lee » 2012年2月24日(金) 00:24

北海のかめ様 ファイナルまでいらっしゃったなんてうらやましい!
ロジャーをたっぷり堪能できましたね。

優勝の盾を抱くロジャー、こっちまで嬉しくなります。
どうしてこんなに天真爛漫に無邪気な笑顔なんでしょう。
でも、私たちはその笑顔の陰にとてつもない絶え間ない努力があることを
知っていますよね。(まるで水面を泳ぐ優雅な白鳥が水面下では必死で水を漕いでいるかのごとく)

asanokaoru様がツィッターで「ロジャーは愛されることについても天才」と
おっしゃっていました。 「彼は人の愛情や優しさを基本的に疑ってない。
その信頼が相手に伝わってほんわかと心を溶かしたり、つい許してしまう」
(asanokaoru様、ごめんなさい!勝手に引用して…。すごくロジャーのことぴったりに表現されてると思います!
ですので書かせてもらいました)

ロッテルダムの始まる前も、いろいろテニス界でごたごたありましたよね。
そういう渦中で発言してた人から見ればロジャーは恵まれてるから何も言わなくても
問題なくていいよね、とふと思うのかもしれません。実際にはすごいトレーニングを重ねているのを知っているはずなのに、
ついついぼやきが出てしまうものかもですね。

ちょっと話がずれるかもしれませんが、我が徳島の有名人、高校野球の池田高校の蔦監督の言葉で好きな話があります。
ある年の春の選抜出場校を決めるとき、秋大会で優勝した某高校が不祥事を起こし、
結果準優勝だった池田高校が春のセンバツに出場が決定したときのことです。
ある記者が蔦監督に「棚ぼたですね」みたいなことを言ったそうです。
監督は一瞬ムッとしましたがその時の言葉がふるってて、「そうかもしれないが、その棚の下まで行く努力はしてきたんだ」と。
私はこの記事に感動しました。私事ながら、今も仕事をする上で大切にしている言葉です。

表面的には恵まれている、天才と思われるかもしれないロジャー、ロジャーも含めて
スポーツ界にはよく天才、神と表現される人がいますよね。
 でも、その裏でものすごい努力をしている…
私たちは知っていますよね。だから、なおいっそうロジャーが好きなのです。
ロジャーの無邪気にトロフィーを抱く笑顔が大好きなのです。

すみません。何かまとまりがつかないままに書いてしまってますが…
この次も何度もロジャーの笑顔に出会いたいです。
linden_lee
Federer fan
Federer fan
 
記事: 16
登録日時: 2011年7月13日(水) 23:08
お住まい: 徳島

1つ前へ

Return to We love Roger!フォーラム

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: Bing [Bot] & ゲスト[0人]

cron