Wimbledon 2011

ロジャー・フェデラーにハートを射抜かれた :ハート: 、Rogiオタsのみなさ〜ん、日本語でRogiについて語り合いませんか?
フォーラムルール
この「We love Roger!フォーラム」はRogerをこよなく愛するRogiオタ達が集いワイワイがやがやきゃーきゃー・・と騒がしく楽しく意見交換する場です。
よってフェデラーファンではない方が見るとかなりイタい発言等があるかもしれませんが、そういう場なのだと大目に見てやってください。
しかし、Rogiオタさんたちへ、誰でもがこのフォーラムに入り皆の投稿を見ることが出来ます。ですからある程度そのことを頭の隅においてRogerのファンとして良心と良識のある場となるよう皆で協力してまいりましょう!!

Wimbledon 2011

未読記事by fuyu » 2011年6月17日(金) 18:52

画像
Official site : http://www.wimbledon.com/en_GB/index.html

Draw、先ほど出ました。 BH。1Rはククシュキン。カザフスタンの選手です。
http://www.atpworldtour.com/Tennis/Play ... shkin.aspx
[1]Nadal v Russell
Andujar v Sweeting
Muller v Haas
Fognini v [31]Raonic
[24]Del Potro v [Q/LL]
Rochus v [Q/LL]
Gil v Sela
[Q/LL] v [15]Simon

[10]Fish v Granollers
Kohlschreiber v Istomin
Haase v Riba
Stepanek v [21]Verdasco
[25]Chela v [Q/LL]
Young v Bogomolov Jr.
[Q/LL] v Benneteau
Volandri v [6]Berdych

-------------------

[4]Murray v Gimeno-Traver
Kamke v Kavcic
Stakhovsky v Cox
Ljubicic v [27]Cilic
[17]Gasquet v Giraldo
Kunitsyn v [Q/LL]
[Q/LL] v [Q/LL]
Starace v [14]Wawrinka

[9]Monfils v Bachinger
[Q/LL] v Kendrick
Clement v [Q/LL]
Karlovic v [23]Tipsarevic
[30]Bellucci v Schuettler
Lopez v Berrer
Pospisil v Hanescu
[Q/LL] v [8]Roddick

-------------------

[7]Ferrer v Paire
Dodig v [Q/LL]
Berlocq v [Q/LL]
Golubev v [26]Garcia-Lopez
[22]Dolgopolov v F.Gonzalez
[Q/LL] v Ramirez-Hidalgo
Dimitrov v [Q/LL]
[Q/LL] v [12]Tsonga

[16]Almagro v Nieminen
Isner v Mahut
Devvarman v Gremalmayr
Monaco v [18]Youzhny
[28]Nalbandian v Reister
Serra v Haider-Maurer
Mannarino v [Q/LL]
Kukushkin v [3]Federer

-------------------

[5]Soderling v Petzschner
Nishikori v Hewitt
Andreev v Gabashvili
[Q/LL] v [29]Davydenko
[20]F.Mayer v Evans
Malisse v Zverev
Gulbis v Tursunov
Falla v [11]Melzer

[13]Troicki v M.Gonzalez
Lu v Robredo
Mello v [Q/LL]
Ward v [19]Llodra
[32]Baghdatis v Blake
Seppi v Montanes
Anderson v Marchenko
Chardy v [2]Djokovic

Outfitは

画像

15日はスタン君とpractice
画像
16日はリュビチッチさんと
画像

良記事2件、いずれもウォールストリートジャーナル誌。
6月16日付 インタビュー「Long Toss: Roger Federer」
http://blogs.wsj.com/dailyfix/2011/06/1 ... r-federer/
6月17日付 「Federer's Best Shot」
http://online.wsj.com/article/SB1000142 ... bs=article


:swissflag: 画像 GOOOO ROGER!!! 画像 :swissflag:
There Is NO Finish Line. Far From Done.画像
アバター
fuyu
Masters of Rogiオタ
Masters of Rogiオタ
 
記事: 1108
登録日時: 2007年5月14日(月) 03:25
お住まい: 関西

Re: Wimbledon 2011

未読記事by fuyu » 2011年6月19日(日) 00:08

practice お相手はハースさんらしいです。 パンツとシューズがWB仕様です。
画像 舞ってます :ハート:
他にも写真あります。
http://a4.sphotos.ak.fbcdn.net/hphotos- ... 4069_n.jpg
http://a3.sphotos.ak.fbcdn.net/hphotos- ... 7085_n.jpg  :lol:

プレ・トーナメントの公式のインタビューはまだなようですが、テレグラフ誌にniceなインタビューが紹介されている。
「Roger Federer says going level with Pete Sampras on seven SW19 titles would be very special」
2001年の初対戦の思い出、2007年アジアのチャリティ以降仲が良くなった事、もしかして今大会でピートの記録に並ぶかもしれない件・・・等々、サンプラスとの関係について。
冷や汗ものだった去年のWB初戦、今年ハレをスキップした件についても語っています。
http://www.telegraph.co.uk/sport/tennis ... ecial.html
あの、日本のメディアってどうしてまともなインタビューも出来ないんでしょうね。アホな憶測記事ばっか書き立てて。。ちゃんとしたインタビューできる人材の不足じゃないかしら。

サンプラスもロジャについて話してます。
「Roger Federer does not know just how great he is, says Pete Sampras 」
彼も2007年にお互いをよく知るようになり、二人は似ている点が多いと話してます。ただし、Rogiのほうがやんちゃだと :lol:
http://www.telegraph.co.uk/sport/tennis ... mpras.html


※追記
以上書き終わったところで、WBサイトに新記事発見。公式会見あったようですね。
http://www.wimbledon.com/en_GB/news/art ... 64528.html
画像

:swissflag: 画像 GOOOO ROGER!!! 画像 :swissflag:
There Is NO Finish Line. Far From Done.画像
アバター
fuyu
Masters of Rogiオタ
Masters of Rogiオタ
 
記事: 1108
登録日時: 2007年5月14日(月) 03:25
お住まい: 関西

Re: Wimbledon 2011

未読記事by mint » 2011年6月21日(火) 04:34

fuyuさん、いつもありがとうございます :D

火曜日のOOP出ました :拍手:

画像

センターコート第二試合。
wowowさん、放送してくれるよね :lovesign:

:スイスフラッグ: :スイスフラッグ: :スイスフラッグ:
画像
アバター
mint
Rogiオタ
Rogiオタ
 
記事: 361
登録日時: 2007年10月31日(水) 09:38
お住まい: 兵庫

Re: Wimbledon 2011

未読記事by fuyu » 2011年6月21日(火) 10:18

mintさん、OOPありがと~。
mint さんが書きました:センターコート第二試合。
wowowさん、放送してくれるよね

予想はしてたけど、映してくれなさそう :(  NHKにもチョット期待してみるか :thiking:

20日のお写真
画像画像
ここでたくさん見れるよん :D
http://www.rogerfederer.com/en/fanzone/ ... te/81.html
There Is NO Finish Line. Far From Done.画像
アバター
fuyu
Masters of Rogiオタ
Masters of Rogiオタ
 
記事: 1108
登録日時: 2007年5月14日(月) 03:25
お住まい: 関西

Re: Wimbledon 2011

未読記事by mint » 2011年6月22日(水) 08:29

美しかった :ハート: 素敵だった :ハート:

小心者の私も、じっくり観戦できました :D
ファーストセットは、ブレーク出来そうで出来ない・・・タイブレになっちゃいましたが、簡単に取っちゃいましたw

wowowさんも予定には無かったけれど途中から、中継してくれましたね :拍手:

wowowでは、放送されなかったインタビューです。(私は何言ってるのかわかりませんが :(

http://www.twitvid.com/8L8S3
画像
アバター
mint
Rogiオタ
Rogiオタ
 
記事: 361
登録日時: 2007年10月31日(水) 09:38
お住まい: 兵庫

Re: Wimbledon 2011

未読記事by fuyu » 2011年6月23日(木) 11:04

本日のOOP :yeah:
画像
Adrian Mannarinoさん↓ またもや初対戦の選手です。
http://www.atpworldtour.com/Tennis/Play ... arino.aspx

昨日は雨が上がった午後4時~5時頃に屋外でA Beck君とpractice。上機嫌でよく笑い、よくおしゃべりしていたとか。
画像画像

:swissflag: 画像 GOOOO ROGER!!! 画像 :swissflag:


WOWOW実況 解説:柳 恵誌郎 実況:西岡 明彦・・・・・・
There Is NO Finish Line. Far From Done.画像
アバター
fuyu
Masters of Rogiオタ
Masters of Rogiオタ
 
記事: 1108
登録日時: 2007年5月14日(月) 03:25
お住まい: 関西

Re: Wimbledon 2011

未読記事by たか » 2011年6月24日(金) 15:56

昨日は寝てしまいました :(

序盤は見なくてもドローに恵まれてるんで楽に勝ちあがれそうですが :lol:

相性悪い選手もナダル山とジョコ山ですしねー :idea:


決勝でナダルを倒して欲しぃー!
たぶんいけるでしょ :yeah:

一昨年はナダルにガンガン押されてたし、
クレーでもまずまずの勝負ができる今なら勝てるハズ :スイスフラッグ: :スイスフラッグ: :スイスフラッグ:
たか
Roger fan
Roger fan
 
記事: 109
登録日時: 2007年5月15日(火) 10:28

Re: Wimbledon 2011

未読記事by 俄フェレリスタ » 2011年6月25日(土) 22:57

こんばんは。芝のGSも、何時の間にか3回戦に突入ですね。フェリ君が、若大将ロディックにセンターコートでストレート勝利、という奇跡に狂喜乱舞しております(NHKで放送された、と知り落胆してますが…録画しなかった)。
しかぁし。私が頭を抱える事態が!! そうです。今日は、元帥がナルバンディアン(以下バンバン)と試合をなさるではありませんか!!!
バンバンは、対フェデラー元帥戦5連勝という(バンバンとそのファンには)金字塔を打ち立て、同世代なだけにフェデラー元帥を“貴様”呼ばわりできる唯一の存在です。Basel 2008 Final以来の試合なだけに
「やい、フェデラー! 貴様、あのBaselの時は、俺様が空気を読んでやったのよ。だがな、今日は貴様をセンターコートでたぁっぷり虐めてやっから、覚悟しろよ!! 」
とバンバンが言ってそうな気がしますな。
因みに、今年の芝のGSで、バンバンは、独語圏選手との対戦が続いてるようです。Halleで試合をしている錯覚をおこしてそうですな。
そんなバンバンが、何でこんな段階で来るのよ…。3回戦やで、まだ。ソダーリング君vsやかん、マレー君vsリュビチッチといい、芝のGSは、何時からTMCになったんだ。
ともかく、この試合が、2週目を乗り切るカギとなるでしょう。

バンバンは、対フェデラー元帥戦5連勝という金字塔を打ち立てる    -50
元帥は、芝のGS5連覇という金字塔を打ち立てる           +50
元帥は土のGSの疲れから回復傾向。                 +20
ククシュキン、マンナリーノとの試合で、今年の芝の感触をつかんだ   +10
ククシュキン、マンナリーノとの試合は、短かった。体力温存できる   +10
なんと!! 元帥、バンバンとは19回目にして、初めて芝で対戦なさる。   
したがって、どうなるやら読めない                  -10   
バンバンは怪我から回復。調子は上向き傾向      -10 
互いに手の内は知っている                      -5
それでも、最後に地力の差で、芝での経験の差が元帥を助ける      +20 
 合計  +35
という予想です。元帥、ボケをかますことなく、是非2週目に残って下さい…。

ちなみに、ナダル君は、対フェデラー元帥戦5連勝を2回やらかしております(号泣)。
俄フェレリスタ
Roger fan
Roger fan
 
記事: 158
登録日時: 2007年5月15日(火) 20:51
お住まい: 三重県

Re: Wimbledon 2011

未読記事by ひいらぎ » 2011年6月26日(日) 08:22

 俄フェレリスタさんはじめ皆さぁ~ん!!
 
大丈夫でしたぁ!!  :cheer3: :cheer3:

第一セット3ゲーム目であっさりブレークした後と、すいすい進んで第3セットのマッチポイントで
ちょっと集中途切れた感がありましたが、全体的には危なげありませんでした。
何より引き続きサーブが好調です!!

さて、明日日曜はお休み、月曜はNo1コート、第3試合です。
   :ウェイブ:
ひいらぎ
Federer fan
Federer fan
 
記事: 20
登録日時: 2010年6月18日(金) 19:58

Re: Wimbledon 2011

未読記事by 北海のかめ » 2011年6月26日(日) 23:27

たか さんが書きました:決勝でナダルを倒して欲しぃー!
たぶんいけるでしょ :yeah:


私もね、本当本当ににそう思います!

もちろんまだちょっと早すぎるけど、でもやっぱり、準決勝が終わってからでは、ナダルが決勝に来たとき心の準備ができないまま、
無意識の底からわきあがる言いようのない不安にしっかり向き合うことができないような気がします。

これからここに書くことは、1000%ポジティブなことなので、どうかびびらないでくださいね!
しかし向き合うべきことを向き合えるうちに、向き合っておきたい。

RGの決勝が残念な結果に終わってしまって以来、そのことを考えていました。対ナダル、特にGSとなると、ここ数年来突き破れない壁がある。
TMCや他のマスターシリーズでは、SFだけでなく、決勝でも何度か勝利を収めているのですが、2007年WB以来、GSの決勝でナダルには勝っていないのです。
全く個人的な考えですか、どうも、何か相性だけではないものがある気がする。
人生で、繰り返して起こることには、何かそこから学び、乗り越えることが必要なテーマがあると、以前どこかで読みました。

RGの表彰式を見ながらの私の正直な感想は、「もう決勝でナダルに負け続け、彼に毎回「ソーリー、ロジャー」といわれるのは、もういやだ!同じことの繰り返しはもう十分」ということでした。
なによりロジャーのために、悲しいです。
しきりに「何が足りないのだろう」と考えをめぐらしていましたが、ド素人の私にはやはりここ一番でのメンタルの部分に考えが行ってしまうのです。
勝ったり、負けたりするのはいいのです。でも、こう負け続けると、やはり土壇場、ぎりぎりの場面で、それも無意識の底で、
自分に対する絶対の信頼というものがどうしても揺らいでしまうことがあるのではないか? 
少なくとも私自身の中にそういう不安があることを意識せずにはいられませんでした。

これほどポジティブで、常に進化し続ける私たちの偉大なチャンピオンに、神は(人生は、でもいいですが)どこまで高い要求をされるのか、とため息をつきたくもなりますが、
偉大だからこそ、より困難で、高い人生を創造することを求められているのかもしれません。
「のり超えられない困難は決して与えられない」というのも読んだことがあります。障害は人を強くし、自己を知り、成長させ、ついにはそれを乗り越え、突き破るためにアル!
私も、心から、そう思うのです。

私はロジャーに、今回のRGの決勝を、悔しがってほしい。だって本当に勝てるチャンスがあったように思うから。
(もちろんSFまでのすばらしさは何度賞賛しても足りないです。Fがその評価を下げているということでは全くありません!)
そして今回あと一歩であった、その足りなかった何かをみつけ、今度GSの決勝で会うときこそ、堂々とナダルを倒してほしい。
「あの時からフェデラーがナダルにGSでまた勝ち始めた」、と後からいえる時期をこれから作ってほしい。
できないはずはないのです。

もしこれがどこかしらあたっているとしたら、私のできることは一つ。
まず私自身の生活のなかでおこるまずい繰り返しのパターンにきづき、それをなおして行くこと。
これが結構ある(笑)し、パターンを崩すことは、やってみると、それを意識化さえできれば、それほど難しいことではない。 
私ができるなら、ロジャーができないわけはない(笑) もちろん問題のレベルが違いすぎますが。
問題はむしろ意識化しないうちに、無意識にそのパターンに引きずられてしまうことにあります。
(5-3でのSFSでこのことを考えずにはいられませんでした。)
この経験によって、私自身の中にある不安と信頼への揺らぎをまず払拭し、それからロジャーに「繰り返しのパターンは崩すことができる」というこの信念を送り続けること。

もちろん直接にはロジャーと私の人生はつながっていないけれど、でも全ての存在は魂のそこでつながっていると思うので、これによって、
少しでも別の気の流れを作ってかれに送り続けることはできる、少なくとも、それしかもうできることがないから。

どうかコーチ、チームの皆さんが、ロジャーに足りない何かを見つけてくれますように。
ロジャーが、後一歩でナダルを倒せる-急所でナダルを押し切れない自分自身に勝つという意味でも-力を、得られるよう、心から願っています。

みなさん、そしてまったく違う考えをお持ちの方、こんなに長く書いてしまってごめんなさいね。さっと流して下さい。
別の意見がある人は、ぜひお聞かせ下さい。全くの見当違い、思い込みだけであるかも知れないのですし。。。そうだったらかえっていい、単に技術的な問題のほうがことは簡単かもしれませんし。
ロジャーを愛し、単に勝ち負けでなく彼の成長を心から願うものとして、いろいろな意見を聞きたいです。
どうしたって、一人だけでは自分の感じ方に左右されてしまいますから。こんなに書いても、うまくいえたかどうか、不安です。。。。言葉って難しいですね。

さあ、2週目です。まだまだ1戦1戦ですが、日曜日にはロジャーの太陽の笑みが見られますように!
かめ
北海のかめ
Federer fan
Federer fan
 
記事: 66
登録日時: 2007年5月14日(月) 21:02
お住まい: オランダ

Re: Wimbledon 2011

未読記事by 俄フェレリスタ » 2011年6月27日(月) 00:34

こんばんは。
元帥閣下が、バンバンにストレート勝利をお納めになりました!! かなりもつれるだろう、と思っただけに意外な展開でした。バンバンがマッサーを呼んだので、まだ怪我は回復してないのか、ぶり返したのか…何かあったのでしょうか。でも、3セット目の10ゲーム目は、もうあれはバンバンの意地でしたね。
「やい、フェデラー! そう簡単に、貴様を勝たせてたまるか! 貴様を苛め足りねぇんだよ。しかも俺様は、この芝のGSでフルセットの試合をちっともしてねぇしさぁ。このままヒースローに行くのもおもろないし、もうちょっと付き合ってもらうぜ。」
という所でしょうか。最後、握手の時、2人が久々の対戦を楽しんだかのような感じでした。ともあれ、元帥が2週目の芝のGSにおいでになるのが嬉しいですね。
さて、元帥はユーズニーとOctavosで試合をなさいます。おお、我が御贔屓同士が芝のGSで対戦するなんて…嬉しいけど、せめてCuartosで当たってほしかった…。
調べると、土のGS 2007 Octavos以来の対戦となります。芝の上では、Halleで3回当たってますね。元帥は今年の芝のGSでは、初対戦が2回、久々の対戦が2回続く格好ですな。

これまで、元帥閣下の10戦10勝                       +20
今季のユーズニーは、シングルスでやや不調                   +5
Stakhovskyと組んでダブルスに出るので、ユーズニーはネットプレーが苦にならない  -5
元帥は、3試合とも3セット勝ち。体力は温存されている             +10
ユーズニーは、フルセット1試合、4セット勝ち1試合              +5
ミドルサンデーで、ユーズニーの疲労回復が予想される              -5
それでも、最後に地力の差が、芝での経験の差が元帥を助けるのだ         +20 
                            合計        +50

こんな感じでしょう。私は、ユーズニーも好きなんですよ。あの敬礼を見たいけど、それは、ユーズニーが元帥に勝つって事だから、駄目じゃん!! 片手BHダービーを制するのは、勿論元帥閣下であってほしいです!!!!!!

そうそう、今年の芝のGS2週目にはウキウキします。なんといってもフェリ君、リョドラ、おさかなさんと、サーブ&ボレーやネットプレー大好きな選手が残ってますから。この3人には是非Cuartosに来てほしい。元帥vsユーズニーも見たいけど、フェリ君vs Kubot、Llodra vsルパン、おさかなさんvsベルベルも見たい。
Llodra @鶏組はルパンにから揚げにされ、おさかなさんは、ベルベルにつみれにされるかも。でも、フェリ君、Llodra、おさかなさんが、鋭いサーブ、サーブ&ボレーやネットプレーを炸裂させ、
“これが芝の試合なんだ! ”
と観客に見せつけてほしいです。で、まずはLlodra vs元帥をsemisで、至極の黄金カードを決勝で見る、という方向で。…実現してほしい。
そしてフェリ君! 確かに、Kubotはダブルスも出るから、ネットプレーは苦にしないだろう。けど、若大将に勝っといてKubotにコロッと負けたら、テムズ川で沐浴やで!! …これでも、私はフェリ君のファンなんだろうか…。
で結局私は、Feli. Lopez vs Kubot、Gasquet vs Murrayを見て、肝心の元帥の試合を見損ねる…というパターンが多いに予想されます。ダメじゃん。
俄フェレリスタ
Roger fan
Roger fan
 
記事: 158
登録日時: 2007年5月15日(火) 20:51
お住まい: 三重県

Re: Wimbledon 2011

未読記事by asanokaoru » 2011年6月28日(火) 00:28

俄フェレリスタさん、相変わらず楽しい記事、ありがとうございます。 :D
数値化、今のところ良いお点をいただいているので、安心させていただいております^^
片手BHダービー、艶やかさと優美さを添えて、マエストロが圧勝してくださいますように。 :ウィンク:


さて。
テニス記事担当記者や、ブロガーさんたちは、そろって健忘症を患っておいでなのか しら。。。 :roll:

http://www.guardian.co.uk/sport/blog/2011/jun/26/big-four-nadal-djokovic-federer-murray

At the halfway stage of the 125th edition of the championships, it is Federer who stands tallest among the big four of the men's game. After a brief sabbatical from greatness he is moving again like Nijinsky (the dancer) and hitting like Ali (not the prophet).

選手権、第125回大会の折り返し時点で、男子トップ4のなかでひときわ突出しているのはフェデラーだ。
偉大な業績からしばし有給休暇を取っていた彼は、再びニジンスキー(バレエダンサー)のように動き、アリ(預言者のほうではなく)のように打ちこんでいる。

http://www.independent.co.uk/sport/tennis/firstweek-report-federer-shines-nadal-stutters-murray-mixes-it-up-2303259.html

Nobody has looked in better shape than Federer. Questions were asked about his grass-court preparation when he pulled out of his warm-up tournament at Halle, but the Swiss has won the title here before without any competitive matches under his belt and has immediately settled back into a rhythm. When you have won this title six times it does not take long to become accustomed to the feel of grass under your feet.

フェデラー以上に良い状態の選手はいない。前哨戦のハレでの大会を棄権したときには、芝への準備が十分か疑問が呈されもしたが、かのスイス人(フェデラー)はほかの大会に出なくても、もうここでタイトルを獲得したことがあるのだし、すぐさまリズムを掴んだようだ。6度もタイトルを獲得していれば、芝の感触に慣れるのに、さほど時間は掛かりはしない、ということだ。

まったく掌を返すとは、このことかと :roll: 。。。

とはいえ、わたしの目にも、今のロジャーは、昨年のWB、フォアが打てなかったときや、今年の全豪SFの攻めに走り、エラーが増えたときとは、まったく違ってみえます。
去年のあの苦しい敗戦のあと、直近で結果が出る出ない、より、このWBで勝つために、芝のテニス(サーブと速い展開が生きるテニス)を構築するべく励んできたのではないかと思えるほどです。
もちろん、ロジャーはひとつひとつの大会で、真剣に勝ちを目指したと思うのですが(最終戦も狙っていましたし)、全体の流れとして、強打に走らずに精度を上げて勝率を上げる、のではなく、相手から時間を奪う、芝で勝てるスタイルを目指続けしたのでは、と見える、のです。

ここから痛みが出ずに(1回戦の後、少しだけあったようですが :エー: )、精度を上げていくことができれば、決勝への進出への可能性は誰よりも高い、と感じています。

そこで問題になるのが、北海のかめさんが指摘されていた「ナダルへの苦手意識」。
わたしもかめさんに(北海の、を省いてもよいでしょうか~~(^_^;))同感です。

土曜のナル様との試合でも、立ち上がり、珍しくサーブが入らなかったり、エラーが出て、ブレイクまでされたのは、ナル様がよかった、のもあるでしょうが、若干の力み、のなせることだった気がしています。
いかに無心で挑む、とはいえ、苦戦の記憶があれば、勝ち越している相手と同じような余裕が持てないのは至極当然。
力みが取れるためには、狙ったウィナーが決まる、もしくは相手にもミスが出て楽に取れるポイントもある、ことが必要なのではないか、と。

全仏のFも、あのドロップショットが決まっているかいないか、が大きな分水嶺だった気がしています。
張り詰めていればいるほど、わずかな偶然が勝負の明暗を分ける。
残念ながら、運が味方してくれなかったことが、ロジャーの悪夢の記憶を呼び覚ましてしまい、目の前のナダルというより、ロジャー自身のなかの亡霊に一時敗れてしまった、という感じでした。

ただ、ここからは、わたしはまた少し意見が分かれます(ほかの皆さんはまたいろいろだと思いますが)。

もちろん勝ってほしい。
目指し続けた努力が、ここで報われてほしい。
ともに歓喜に浸りたい。


でも、それは運にも恵まれ、奇跡的な集中を見せる試合ができたら、ということで、根本的になにかを変えてほしい、わけではないし、
また、どうしても勝たねばならない、とも思っていない、のです。(;_;)


いかに相手の裏をかくか、ということが競技の基本であるテニス、はplay uglyがむしろ基本
そのなかで、ロジャーは正統派ではなく、むしろ異端中の異端、
ひときわ異彩を放つ魔術師、というのがわたしのロジャーの捉え方です。

危機に陥るリスクを取ってでも、キラードロップを決めたい
ありえない角度にフォアのクロスを叩き込みたい
オーバーヘッドロブをコートの隅に落としたい

ロジャーのテニスは、art。
内からこみ上げてくるリズムを鍵盤の上に躍らせすにはいられないピアニストや、ふつふつと湧いてくるイメージをキャンバスに映しださずはいられない画家にも似て、
己のうちに浮かんでくるアイディアをコート上に具現したくて、プレーしている

だから勝利に倦んでしまったボルグと違って、すべてを達成し、30歳を目前に控えた今もまったく燃え尽きることなく、
それどころか、生まれたての子どものような旺盛な意欲をもって、新たな興奮を求め、勝利に突き進んでいける

目指すのは「勝つこと」そのもの、ではなく、「ほかの誰にも再現できない、技と意匠に富んだ芸術的なテニス」で、
その結果、勝ちたい、
サービス精神旺盛で、人を魅了すること、人に愛されることが大好きなロジャーは
センターコートいっぱいの人をわくわくさせ、酔わせ、感動を共有したい。
だからこそ、ここまでで最高のショットが09全米SF(ジョコ)の、MP目前でのtweener、なのでしょう。

ニジンスキーまで持ち出してこられる競技選手(フィギュアでもないのに(^_^;))がほかにいるとも思えません。
動きの優美さ、だけではなく、特殊な陶酔をもたらす、稀有な選手だからこその比喩、と、わたしは考えています。


一方のナダルは、そういう意味ではむしろ古典的、「勝つこと」そのものに強く執着、自分のペースを強烈に主張(コートに出るタイミング、サーブの間隔)、内容で負けていようが、とにかく「勝利」を目指す。
play gracefulと形容されそうにはありませんが、ルール違反なわけではない。
そして非常に優れた選手、です。

どちらもが優れた選手同士、
ぶつかりあって、窮地に追い詰められれば、それぞれの地金が出てくる
ロジャーは本能的に、更にレベルを上げて鮮やかに勝ち切ろうと目指し
ナダルはなにか自分が有利になるものはないか模索する


従ってロジャーが勝つ=まずは集中して試合に入れ、重要な局面で運にも恵まれ、奇跡のようなプレーの質をずっと保ち続けられること、になり、必然的に勝率は低くなる
それをもって、ナダルのほうが優れていると捉える人はそう思えばいい、とわたしは考えています。

奇跡のように美しく、多彩で華麗なテニスを、かくも長く続けられるのは、ロジャーの、偽りない本心から湧き出てくるイメージ、と、それを愛する心があってこそ、
勝率のために失ってほしくないもの、だし、ロジャーはロジャーであり続けてくれるはず、とも信じています。

喩として適切かどうかよくわかりませんが(大汗)、
こちらの実生活に役立つ、という観点に立てば、白鳥より鶏のほうが遥かにいい、
だからといって、優美に浮かんでいる白鳥に、オムレツを作りたいから今日だけ鶏になって、と言ったところで無理に決まっている。
白鳥は白鳥のまま、
うまく罠にかからず、華麗に飛び立てますように。

まずは無事、QF進出を(。-人-。)
アバター
asanokaoru
Roger fan
Roger fan
 
記事: 159
登録日時: 2009年8月27日(木) 15:33

Re: Wimbledon 2011

未読記事by 北海のかめ » 2011年6月28日(火) 06:07

ロジャー無事QF進出です。良かったー! BBCで放送がなかったのでスコアを追うだけでしたが、
見た方がた、プレイのほうは、どうでしたか?
1セットタイブレでしたが、あとは危なげなく。おめでとう!!! :banana: :banana: :banana: :banana:


Asanokaoruさん、熱い思いのこもったレス本当にありがとうございます。 (かめでぜんぜんOkですよー!)

私の考えは、1文でまとめればGS(決勝)対ナダル戦で時には勝つこともあってほしい、それは出来ないことではない、ということですが、
もちろんあくまでもロジャーはロジャーのままでいてほしい。
そして「勝てる何か」は彼の無限の可能性の中にこそ眠っているのであって、それを得るために自分を失う必要はないんではないか。
それが目覚めさえすればさなぎが蝶になるように変容してゆくのがみられるのではないか、と思うのです。

もっと言えば、単に勝敗で「勝つ」というより、自分自身に「克つ」ということのほうが、私の言いたかったことに近い気がします。
競って競って、運もあって負けたり勝ったりするというのはだれにでもいつでもあること。
それなら何度あっても仕方がないことだし(Thants' tennis とよくインタビューで言いますよね)、
次回は運も味方してくれるかもしれないとニュートラルに捕らえられると思います。

Asanokaoruさんのいうとおり、彼のテニスは、本当に芸術。
ファンとしての贔屓目でなく、多くの人が認めるところだと思います。(テニス界のニジンスキー、私の自説でもあります :oops:
この非凡な美しさと、強さが共存しているのがロジャーの奇跡、全く全く同感です。

こんな偉大な人にこれ以上何を望むか、とお思いになるかもしれませんが、
もうひとつ何かを得て、新しい強さの翼を得てほしい!私のためではなく、ファンのためにでもなく、だれより彼自身のために。
なぜならそのために日夜努力を怠らず、常にフレッシュな気持ちで前進しつづける彼がいるからです。
何よりテニスを愛し、プレーすること自体に喜びを感じる繊細な、でも芯から負けず嫌いなロジャー。
この二つの面が奇跡的にも共存している、不世出のアーティストです。
本当のロジャーという蝶の姿は、その最終形はまだ形をとっていないはず!
ドキドキしながら、かれのテニス人生を同時代で追っていけるとは、本当にこれ以上の幸福はありません。
すみません長くなってm(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

さあ次はTsongaです!水曜日ですね。また応援しましょう! :スイスフラッグ: :スイスフラッグ: :スイスフラッグ: :スイスフラッグ: :スイスフラッグ:
かめ
北海のかめ
Federer fan
Federer fan
 
記事: 66
登録日時: 2007年5月14日(月) 21:02
お住まい: オランダ

Re: Wimbledon 2011

未読記事by ひいらぎ » 2011年6月28日(火) 08:55

6-7(57),6-3, 6-3, 6-3 で勝利、おめでとー!! :拍手: :拍手: :拍手:

なんですが、1週目の様子からしてもっと楽な勝ち上がりを期待していたので一抹の不安が残ってしまいました。

第一セット、今期不振気味だったユーズニーが好調でタイブレになり、途中まではリードしていたのに、あっという間に逆転されてセットを取られました。お互いブレークできずに進んでいたセット後半に映ったファミリーボックスのミルカ、ママ、パパの表情がなにやら心配そうに見えました。その時点ではロジャーのサービスゲーム、危なげなかったのに、です。

第二セットは、5-0までいってSFSブレークされ、さすがに2回目はとりましたが、自身のサービスゲームはBPの連続だったんです。

第三セット、第四セットはいいタイミングでブレークできましたが、ネット際、ライン際でずいぶんラッキーなポイントがありました。

全体として、今日は先週と違ってサーブに波があり、それにゲーム内容が大きく左右されたように感じました。
ユーズニーが最後まで闘志あふれるいいプレーをしたのは事実ですが。

1回戦のあと痛みがあったということなら、ハレキャンセルといい、無理はできない状況なんでしょうか?
今日のファミリーの不安顔・・・、杞憂であることを祈るばかりです。
QFのツォンガはかなり好調ぽい、他の3強の相手は、フィッシュ、Fロペス、トミッチ、いずれもストレート勝ちして不思議はない相手です。今のロジャーのゲームはどこも痛くなれば盤石、どうかどうか負担の少ない試合になりますように。

ロジャーがロジャーたる哲学論議、たいへん興味深く読ませていただきました。
私のぼやーんとした想いが、くっきりとした輪郭を持って立ち上がってきてすとんと胸に落ち、今日もいい日が待っているような元気な気持ちになります!! 
ひいらぎ
Federer fan
Federer fan
 
記事: 20
登録日時: 2010年6月18日(金) 19:58

Re: Wimbledon 2011

未読記事by たか » 2011年6月28日(火) 18:32

そーですかーサーブに波が・・・ :|

昨日は放送がなく見れませんでしたのでナダルvsデルポを見ました。

ナダル足の怪我に関係なく勝利、デルポトロも復調してまずまずでしたが、
勝てませんでした、ちょっとナダルの底力を見たような気がします :twisted:

決勝までは好調のフィッシュとマレーがいますが、ナダルが本命か :!: :?:


あと3試合ロジャーが好調にプレーできますように :pray:


夜中の応援はこちらも体力がいるので今日は早くねましょう :yeah:
北海のかめさんは早い時間に見れていいですねー :D

:スイスフラッグ: :スイスフラッグ: :スイスフラッグ:
たか
Roger fan
Roger fan
 
記事: 109
登録日時: 2007年5月15日(火) 10:28

次へ

Return to We love Roger!フォーラム

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: Bing [Bot] & ゲスト[1人]

cron